LCMS-9050

 

Trusted mass accuracy
安定した質量精度

LCMS-9050は、LCMSシリーズから継承した島津独自の特許技術により、優れた質量精度を実現します。高精度温度コントロールシステムが外的要因による精密質量変化を抑制するため、質量較正を意識することなく精密質量を測定できます。

 

LCMSシリーズから継承された技術

LCMSシリーズから継承された技術

 

パフォーマンス・アシスタント

Performance Assistant

LCMS-9050には、標準試料を用いて質量精度・分解能・感度などを自動で調整するオートチューニング機能が搭載されています。装置全体をチューニングするフルモードやTOF部の質量較正のみ行うモードなど、装置状態に応じてチューニングモードを選択できます。複雑な設定なしに、ワークステーションLabSolutions™ LCMSから簡単に実行できるため、どなたでもベストな状態で分析を開始すること可能です。

 

Ultra-stable polarity switching
新しいアプリケーションの可能性を開く正負極性切替

優れた質量精度を基盤として新たな独自技術を融合させることで、世界トップクラスの安定した正負極性切替を実現しました。これまでのTOF分析の常識を打ち破る新技術により、まだ見ぬアプリケーションへの挑戦を可能にします。

 
 

極性切替と質量精度の両立

極性切替と質量精度の両立
 
正イオンモードと負イオンモードの切り替えイメージ

LCMS-9050では、精密に温度コントロールされた電気系と島津独自のアルゴリズム(UFstabilization™(特許申請中))によって、高速かつ安定した極性切替を実現しました。

正イオンモード / 負イオンモード

正負イオン化切替モード
 
抗生物質6成分の連続分析結果

正負イオン化切替モード

正イオンモード、負イオンモード:補正なし
3日間連続分析しても質量誤差は±2 ppm以内でした。


正負イオン化切替モード:外標補正
1分析内で対象成分→ 外標成分の順に測定を行いました。
外標成分はサブインターフェースを用いて注入しました。
外標成分を使い切るまで連続分析を実施して、質量精度は±3 ppm以内でした。
いずれも通常の実験室条件下で測定しました。

 

上記に示したデータは、通常の実験室条件下で、抗生物質6成分(分子量 265 ~ 1203 Da)を連続分析して、理論値との質量誤差をプロットしたものです。抗生物質を3成分ずつ正イオンモードと負イオンモードで分析した場合、72時間一度も質量較正することなく、すべての成分の精密質量が理論値から±2 ppm以内という安定した質量精度を示しました。高精度に管理されたLCMS-9050の温度コントロールシステムが室温変化の影響を抑え、較正いらずの安定した質量精度を実現しています。正負イオン化切替モードを用いて1分析中で正負イオンの同時分析を行った場合は、全成分±3 ppm以内の質量精度(外標補正)が得られました。正負イオン化切替モードを用いて長時間連続分析を行っても、安定した質量精度が維持されています。

 
 
 

極性切替で分析ワークフローの効率化

これまで正イオンモードと負イオンモードの2回実施してた分析を1回で実施することができるようになり、分析のスループットが向上します。また、前処理したサンプルを同一条件下で、正負イオンを時間差なく検出することができるため、分析データの信頼性が向上します。

極性切替で分析ワークフローの効率化

アトルバスタチンの不純物分析

正イオン/負イオンモードの両方で、主成分アトルバスタチンや欧州薬局方(EuropeanPharmacopoeia:EP)に記載されている不純物が検出されました。いずれも±1 ppm以下の高い質量精度を示しました。正イオン/負イオンモードの両方で測定することで、より確度の高い不純物の同定が可能になります。

 

Truly versatile with flexible extensions
多様なニーズへ柔軟に対応できる拡張性

島津が誇る技術を結集し、多彩なオプションラインナップをご用意しました。いずれのオプションユニットも、島津Q-TOFと簡単に組み合わせたり、交換したりすることができます。基本の分析にプラスすることで、質量分析の世界がさらに広がります

 
 

DPiMS 探針エレクトロスプレーイオン化

探針エレクトロスプレーイオン化

探針を用いて微量のサンプルを採取して 直接イオン化し、液体や固体をそのまま測定します。LC分離条件の検討やサン プルの複雑な前処理は不要、正イオンと 負イオンの両方を検出しても1分以内に データ取得を完了することができます。 島津Q-TOFと組み合わせることで、迅速・ 簡便にサンプル中の成分を同定することが可能になります。

DPiMS 

DPIMS

CLAM 全自動LCMS前処理装置

採血管をセットするだけで、血液や尿サンプルの前処理からLC/MS/MS分析までの全自動分析を実現し、ワークフローの効率を向上します。貴重なサンプルをフルスキャンし、網羅的にデータを採取するためには、Q-TOFとの組み合わせが最適です。

 
 

Nexera UC
超臨界流体抽出(SFE)/ 超臨界クロマトグラフィー(SFC)システム

Nexera UC

農薬80成分のマスクロマトグラム

超臨界流体を用いて目的成分の抽出と分離を自動で行うシステムです。SFCは、低極性から高極性までの幅広い化合物を分離・分析することができます。LCMS-9050の正負 イオン切替モードを用いた分析と組み合わせることで、幅広い物性の化合物を一度に分析することが可能となり、一度の分析における網羅性が高まります。SFC+LCMS-9050システムを用いて、農薬80成分を正負イオン同時一斉分析しました。超臨界流体を移動相に用いることで、HPLCに比べて高分離、高感度に分析することができました。超臨界システムと高分解能のQ-TOFを組み合わせることで、多成分のフルスクリーニングに威力を発揮します。

Nexera UC 

 
 

Nexera Mikros
ミクロ流量対応 液体クロマトグラフ質量分析計システム

Nexera Mikros

低流量向けに最適化されたLCMSシステムです。イオン化効率・イオン取り込み効率が高く、高感度な分析を可能にします。Q-TOFと組み合わせることで、微量成分の網羅的な解析 を実現します。

Nexera Mikros 

UFMS, Nexera, UF-Qarray, UF-Lens, UFsweeper, UFaccumulation, UFgrating, iRefTOF, UF-FlightTube, LabSolutions Insight Explore は、株式会社島津製作所またはその関係会社の日本およびその他の国における商標です。

Top of This Page

お問い合わせ