LCMS-9030

高速液体クロマトグラフ質量分析計

シンプル設計のイオン化ユニット

LCMS-9030は,標準装備のESIイオン化ユニットに加えて,APCIとDUISイオン化ユニットをそれぞれオプションとして取り揃えています。ESIイオン化ユニットとDUISイオン化ユニットのプローブは,LCMS-8060と同じくHeated ESIを採用しています。

  交換作業が簡単に行えるイオン化ユニット

イオン化ユニットは,LCMS-8060と同様にケーブルレス,チューブレス構造です。取り外しはワンタッチレバーを解除してユニットを開き,上に持ち上げるだけで簡単に操作できます。別のイオン化ユニットへの交換作業もスムーズに行えます。

  Calibrant Delivery System(CDS)

LCMS-9030では,質量較正用サンプルをメインプローブとは別のサブプローブから導入することができます。サブプローブはオプションであるサブインターフェースに搭載されています。サブインターフェースは各イオン化ユニット(ESI/DUIS/APCI)にワンタッチで装着することができます。分析用と質量較正用の2つのプローブを備えることで,流路の汚染を気にすることなく分析と質量較正を行うことが可能となります。

  ミクロ流量用イオン化ユニット
  Micro-ESI 9030

Micro-ESI 9030 は,ミクロ流量対応の液体クロマトグラフ質量分析計システム Nexera Mikros 用イオン化ユニットです。試料導入部に対するプローブ角度をミクロ流量向けに最適化した結果,イオン化効率,イオン取り込み効率が向上し,高感度化を実現しました。また,余分な溶媒は除去されるため,汚れによる影響が少なく安定した分析が可能です。さらに,ワンタッチで分析カラムとLCMS-9030 を直結できるUF-Link™により,サンプル拡散による感度ロスを最小限にしました。Nexera Mikros & Micro-ESI 9030システムにより,セミミクロLCMSシステムからの高感度化やナノLCMSシステムからの分析の短時間化の実現が可能となります。

Nexera Mikros & Micro-ESI 9030システム

LabSolutions Insight Explore™

  定性解析から定量解析までをサポートするソフトウェア

LabSolutions Insight Exploreでは,多検体の定量解析処理に加えて高分解能・高質量精度質量分析計データを用いた精度の高いライブラリ検索,構造解析,組成推定,多価イオン解析が可能です。

  構造解析機能 “アサイン”

分子式が同じ化合物は,高質量精度質量分析計においてもマスクロマトグラムピークで同定することはできません。ライブラリ検索機能に加えて,構造解析機能 “アサイン” を用いれば,各化合物をより精度高く同定することが可能です。
以下は,分子式”C16H19NO4”(m/z: 290.1387)が同じ化合物BenzoylecgonineとNorcocaineの解析例です。

  化合物検出機能 “アナライズ”

化合物検出機能 “アナライズ” を使えば,精密質量データから未知化合物の組成を推定し分子式,構造式を検索することが可能です。

  多価イオン解析(デコンボリューション)

LabSolutions Insight Explore CSD (オプション)には,Positive Probability Limited. の多価イオン解析アルゴリズム“ReSpect™” が搭載されています。核酸医薬や抗体医薬のような分子量が大きいオリゴヌクレオチド,タンパク質の多価イオン解析による分子量推定に有用です。

Top of This Page

お問い合わせ