LCMS™-8040

超高速トリプル四重極型LC/MS/MSシステム

イオン光学系の改良による感度向上

イオン光学系の改良による感度向上

UF-Lens™ は,高感度とメンテナンス性を両立させたレンズシステムです。2つのマルチポールRFイオンガイドを統合したシステムとしてイオン光学系を設計することにより,高い感度を実現しました。ツールフリーで取り外すことができ,クリーニングも簡単です。

UF-Lens™

八重極イオンガイドを四重極イオンガイドに変更

LCMS-8030で用いていた八重極イオンガイドを四重極イオンガイドに変更,さらにイオンガイド間で生じていたイオンロスを最小限にしています。

感度上昇比

右図は,オートチューニングに用いる標準サンプル(PEG,PPGおよびRaffinoseの混合物)を用いて,Q1スキャンを行ったLCMS-8040とLCMS-8030の比較結果です。プロットしたイオンは,ESI+でのオートチューニング時に使用するすべてのターゲットイオンです(m/z 65.05,168.10,256.15,344.20,652.40,1004.60,1224.75)。広い分子量範囲で,2~5倍弱の感度上昇が確認できました。

コリジョンセル改良によるCID効率の向上

UFsweeper®II

UFsweeper®II

UFsweeper™IIは,UFsweeper™コリジョンセルのイオンの収束性を向上させた高感度高速コリジョンセルです。クロストークの最小化を実現するイオンの高速搬送技術と,イオンの収束性を進化させました。高速分析や,多成分の同時分析においても信号強度の低下やクロストークの発生を防ぎ,ハイスループット分析を実現します。

cc

LCMS-8040では,LCMS-8030の最高の高速性能をそのままに感度の向上を実現しています。下図は,農薬167成分のMRM正負イオン同時測定データです。LCMS-8030,LCMS-8040ともに正負イオンを同時に検出しているにも関わらず167成分のピークがしっかり捉えられており,さらにLCMS-8040では全成分において平均3倍の感度向上が見られました。

農薬167成分のMRM正負イオン同時測定データ

Top of This Page