LCMS-2020

超高速シングル四重極型質量分析計

高速極性切替 -Ultra Fast switching®-

 正イオンおよび負イオンのどちらも検出したい場合には,正と負のイオン化モードを交互に切り替えながら測定を行います。
 LCMS-2020 では新たなテクノロジー(特許申請中)を搭載した高電圧電源の採用により超高速な極性切替えを実現しました。

 超高速LCのピークは,溶出時間が短いため非常にシャープになり,正確なピーク形状を得るためにはデータポイントの数が重要になります。
 LC-2020では正負極性を超高速に切り替えることでデータ採取ポイントを維持したまま,正・負イオンを同時に測定することができます。

正負イオン化極性 高速切替

切替速度の違いによるピーク形状比較

 正負切替速度の違いによるMSクロマトグラムのピーク形状比較です。 このように正負切替速度が速い方がデータポイント数が多いため正確なピーク形状を得ることができ,再現性のよい定量が可能です。

切替速度比較

高感度を維持したまま超高速極性切り替えが可能

 正負極性切替のためには,イオン化電圧,検出器電圧の切替が必要ですが,これらの電圧は数kVと高電圧であるため,感度の安定性を維持しながら,高速で切替えることは容易ではありません。 LCMS-2020では,超高速で切り替えても高感度を維持したまま測定することが可能です。 正負極性切替スピードを「切替えなし」「高速切替え」と変えてイオン強度を比べると,図のように,超高速切替えの場合も,切替えなしの場合と同様のイオン強度が得られていることが分かります。

正負極性切替無し
正負極性切替スピード15msec

Top of This Page