LCMS-IT-TOF

液体クロマトグラフ質量分析計

LCMS-IT-TOF Topに戻る

組成推定ソフトウェア (Formula Predictor, オプション)

Accurate MSn能力の有効性

MSn能力の有効性

 組成推定は,目的成分の質量が小さく,測定値の質量精度が高いほど,候補数が少なくなり信頼性が高まります。(例えば,質量が半分になれば候補は一桁少なくなるため,小さな質量で測定できることはとても重要です)
 LCMS-IT-TOFの組成推定ソフトウェアは,MSnスペクトル測定結果から「より小さなプロダクトイオン」をはじめに組成推定し,その結果をプリカーサイオンの推定に反映させることにより,効果的に候補数を絞り込むことができます。

組成推定ソフトウェア画面

C17H26N2O5S+H+(m/z 371.1641)の組成推定例

 m/z 371.1645 の組成推定を行う場合を考えます。 正しい組成は,C17H26N2O5S+H+(m/z 371.1641) です。 (1)単純に測定値のみから組成を計算すると,正しい組成は5位にランクされます。 (2)ここに同位体パターンを考慮してランク付けすると,正しい組成が1位になります。 (3)さらにMSnスペクトルで絞込みを行うと,12個あった候補が2個に減っていることが判ります。

組成推定例

(1)測定値から組成を計算 (2)同位体パターンを使用 (3)MSnスペクトルで絞込

# Formula # Formula # Formula

1 C18 H22 N6 O S 1 C17 H26 N2 O5 S 1 C17 H26 N2 O5 S
2 C10 H18 N12 O4 2 C10 H18 N12 O4 2 C6 H26 N8 O8 S
3 C25 H22 O3 3 C18 H22 N6 O S  
4 C13 H26 N2 O10 4 C9 H22 N8 O8  
5 C17 H26 N2 O5 S 5 C13 H26 N2 O10  
6 C9 H22 N8 O8 6 C25 H22 O3  
7 C6 H26 N8 O8 S 7 C6 H26 N8 O8 S  
8 C14 H22 N6 O6 8 C8 H26 N4 O12  
9 C22 H26 O3 S 9 C14 H22 N6 O6  
10 C8 H26 N4 O12 10 C22 H26 O3 S  
11 C27 H22 N12 O4 S 11 C21 H18 N6 O  
12 C21 H18 N6 O 12 C7 H22 N12 O4 S  

 このように,同位体パターンを用いることで正しい組成をより上位にランク付けすることができます。 さらに,MSn測定結果から候補数を減らすことができます。

Top of This Page