DOSIMYCO

LC-MS/MS用免疫抑制剤分析キット

アプリケーション

免疫抑制剤分析キットDOSIMYCOに関連する分析事例をご紹介します。

Application News

No. C205

LC-MS/MS による生体試料中の薬物分析では固相抽出や液-液抽出といった抽出操作を伴うケースがあり、試料濃縮や適切な溶媒による再調製といった煩雑な作業を伴います。また、これらの操作は時間を要するだけでなく、手技に由来する変動の要因になり得るといった課題もあります。
本報では、血漿中のミコフェノール酸(MPA)およびグルクロン酸抱合体(MPA-G)について、全自動 LCMS 前処理装置CLAM™-2000 および高速液体クロマトグラフ質量分析計からなる全自動前処理 LC-MS/MS システムを用いて、多検体の高感度かつ全自動分析を実現した研究成果をご紹介します。

Technical Report

資料のダウンロードには,Shim-Soluitons Clubへの会員登録が必要です。(→Shim-Soluitons Clubのご案内

C297-0526

LC-MS/MS用免疫抑制剤分析キットを用いた免疫抑制剤の分析と測定法の比較

一般社団法人TDM品質管理機構主催の2020年度の免疫抑制剤TDMコントロールサーベイに、超高速トリプル四重極型LC-MS/MS、全自動LCMS前処理装置、LC-MS/MS用免疫抑制剤分析キットの組み合わせで参加致しました。本レポートでは、TDM品質管理機構が公表したコントロールサーベイの結果についてご紹介させていただきます。

DOSIMYCO キットはLCMS による血中薬物濃度モニタリングに必要な標準品、移動相等を組み合わせたものです。
(医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品には該当しません)
人に対する血中薬物濃度モニタリングにおいては、医師の指示等の下で、上記の研究用装置又は医療機器(クラスI)と組み合わせてお使いください。

 

Top of This Page

お問い合わせ