CLAM-2030|仕様

全自動LCMS前処理装置

仕様

前処理法 処理液量 最大350 μL
処理能力 最大 20 検体/H ※前処理プロトコルにより変わります。
処理工程 検体分注,試薬分注,攪拌,吸引ろ過,加温 ※最大 20 工程まで設定可
ろ過/回収容器設置数 最大各 60 個
サンプル体設置数 最大 60 サンプル
試薬設置数 最大 20 ボトル
検体・試薬保冷
前処理機能 検体分注 設定範囲 10~100 μL/0.5 μL 単位,液面検知機能,衝突停止機能
試薬分注 設定範囲 10~300 μL/0.5 μL 単位,液面検知機能,衝突停止機能
攪拌 容器の偏心回転方式,設定回転数 1,000 rpm~2,600 rpm
加温 設定範囲 35~60 ℃,精度±5 ℃
外形寸法   (W)670 mm×(D)700 mm×(H)1,190 mm ※タッチパネル LCD,PC を含まず
質量   185 kg
電源   AC 100 V,50/60 Hz, 700 VA
使用環境   温度: 18 ~ 28 ℃,湿度: 40~70 %RH

本製品は、医薬品医療機器法に基づく医療機器として承認・認証等を受けておりません。
治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。

Top of This Page