CLAM-2030|特長

全自動LCMS前処理装置

血液や尿サンプルの前処理から測定までを自動化

採血管を準備し、専用ソフトウェアでパラメータを設定するだけで、前処理からLC/MS/MS測定まで自動で行えます。

 

1. 採血管の準備

サンプル(全血、血漿、血清、尿)が入った採血管を準備します。

※血清/血漿成分を分析する場合は、遠心による事前処理が必要です。

 

2. パラメータを設定して測定開始

専用ソフトウェアでパラメータ設定

サンプルIDを読み取り、分析項目(キット)を選択した後、STARTボタンを押すだけですので、操作ミスを防ぎ、手作業に比べて短時間で処理を行えます。

全自動で前処理とLC/MS/MS測定まで実施

前処理 

LC/MS/MS測定 

幅広い測定化合物のLC/MS/MS測定に対応

  • 接続するLCMS分析装置は、測定化合物にあわせて幅広いラインナップから選択可能
  • シングル分析で数百の化合物の一斉分析が可能
  • 異なる分析メソッドの切替えが簡単
 

※ LCMS-8060 NX、LCMS-8060、LCMS-8050、LCMS-8045、LCMS-8040、LCMS-9030

各種測定結果の確認が容易

  • 測定結果、データアラームや装置の状態の確認が可能
    定量結果(濃度値)、各成分のマスクロマトグラム
    検量線のAccuracy %(正確さ)、精度管理物質の測定結果に対するデータアラーム
  •  定性分析としてライブラリ検索結果のレポート出力

 

Top of This Page

お問い合わせ