ICPE-9800シリーズ

マルチタイプICP発光分光分析装置(Simultaneous ICP Atomic Emission Spectrometer)

分析をよりスマートにするSW

ICPEsolutionで分析をスムーズにスタート

アシスタントバーにあるアイコンを順番に押していくだけで,簡単に測定を開始できます。

ICPE solutionで分析をスムーズにスタート

全波長取得と3つのアシスタント機能で分析をよりスマートに

ICPE-9800シリーズは膨大なスペクトルデータと,充実したデータベースを組み合わせたアシスタント機能により,簡単にメソッドを最適化して,分析をスマートに行うことができます。

全波長取得と3つのアシスタント機能で分析をよりスマートに

全波長取得で元素・波長の追加も自由自在

全波長取得

全波長取得
測定後でも,元素・波長を追加して定量・定性データを確認することができます。全波長データを取得しているため,再分析の必要はありません。

定量分析の追加

測定後でも元素・波長を追加するだけで定量値を表示します。測定元素を設定し忘れた場合や,別の波長を検討したい場合に有効です。

定性分析の追加

測定後に全元素のプロファイルと半定量値を読み出し,全元素のデータを確認することができます。
マトリックスの確認など,定量元素以外の元素のおよその濃度を知りたい場合に有効です。

過去の分析を再解析

全ての波長データを保存しておき,いつでも読み出して再解析をすることができます。品質管理における不測の事態に備えて,またサンプル量の少ない貴重な分析の場合でも,データが残っているため安心です。

アシスタント機能で分析をより簡単・正確に

自動波長選択

自動波長選択
SB比やマトリックスによる干渉の有無等を比較し,測定試料に合った最適波長を自動で選択します。

自動波長選択
診断アシスタント

診断アシスタント
メソッドが最適かをソフトウェアで診断できます。問題が見つかった場合は最適な解決方法を提案します。誰でも簡単に正確な分析値を得ることができます。

診断アシスタント
元素間補正

元素間補正
マトリックスの多い試料で,どの分析波長も分光干渉を受けていて精確に定量できない場合には,元素間補正が有効です。ICPEsolutionは,検量線試料に干渉元素の校正試料を追加するだけで,簡単に元素間補正をすることができます。

開発アシスタント

開発アシスタント
定性分析の結果から,測定対象元素の濃度や試料中のマトリックスに応じて,メソッド(波長,検量線濃度等)を自動で作成します。これにより,簡単にメソッドを開発することができます。

Top of This Page