ICPE-9800シリーズ

マルチタイプICP発光分光分析装置(Simultaneous ICP Atomic Emission Spectrometer)

パフォーマンスを支える装置設計

あらゆる試料の分析に最適な測光システム

微量から高濃度まで汚染を気にせず一斉分析

縦方向配置のトーチは,トーチ壁面への試料の付着を抑え,メモリー効果を低減します。また,トーチを縦方向に配置しながら,軸/横両方向観測による一斉分析が可能です。

横方向観測(Radial view)

横方向観測(Radial view)

軸方向観測(Axial view)

軸方向観測(Axial view)

軸方向観測は,トーチと垂直に測光部(冷却ジャケット+オリフィス)を取り付けています。この時,プラズマ中心の高温部分の光のみ取り込むために,軸方向から少量のパージガスを流し,プラズマ上部の低温部分を除去しています。また,このパージガスにより,冷却ジャケット内部が汚れる心配はありません。

高濃度領域・有機溶媒試料の分析に冷却ジャケット取り外し -横方向観測専用ICPE-9820

高濃度領域・有機溶媒試料の分析

高濃度領域の分析や,一部の有機溶媒試料(キシレンなど)の導入で,横方向観測のみを使用する際は,冷却ジャケットを取り外し,横方向観測専用として使用することができます。冷却ジャケットの取り外しも簡単です。

酸素ガス不要で,有機溶媒測定を簡便化

医薬品のDMF溶解,石油類のキシレン希釈など,有機溶媒試料を分析する場合の酸素ガス(助燃ガス)は必要ありません。プラズマ条件やトーチレイアウトの最適化により,トーチ先端部に炭素が析出しにくく,安定した分析が可能です。酸素ガスボンベや配管が必要ないため,工事費などの余分なコストがかかりません。

全波長を常時記録する100万画素の最先端CCD検出器

全波長を常時記録する100万画素の最先端CCD検出器

写真を撮るように,2次元平面に結像した全ての波長は1インチの大型CCDに取り込まれます。取得したデータは全て保存され,いつでも確認することができます。
全波長を取得しているため,測定後に波長を変更することができ,再測定の手間を省きます。また,定性情報を読み出してマトリックス元素を確認・補正でき,干渉による測定誤差をなくせます。

ブルーミングは起こりません

ブルーミングは起こりません裏面入射型CCD検出器

オーバーフロードレンのある裏面入射型のCCDですので,広い受光面積を保ちながら,ブルーミング対策も万全です。

分析終了後すぐにシャットダウン可能

CCDの冷却温度は-15℃です。一般的なICP-AESで使用されている半導体検出器(-30℃~-40℃)に比べ高温で使用可能です。シャットダウン時に必要な結露防止のための待機時間は不要です。

高感度かつ高分解能

高感度かつ高分解能シュミットミラー採用

非点収差補正のために,シュミットミラーを採用しています。この機能により,検出器の周辺部での焦点ずれがなく,高感度・高分解能が得られます。

ガス消費量を半減する3つのシステム

ミニトーチ

分析時・待機時のプラズマガスの消費を半減

ミニトーチ
ミニトーチは,標準トーチに比べ,アルゴンガス消費量が約半分になります。断面積が約半分のプラズマに,従来と同じ高周波出力が加わっているため,エネルギー密度が大きく励起効率が良くなります。

Ecoモード
Ecoモード

Ecoモード
待機時の高周波出力を0.5 kWに,プラズマガスを約5 L/minまで減らすことで,省エネ,省コストを実現しています。分析モードへの立ち上がりもスムーズで,安定した分析が可能です。

立ち上げ時のガス消費を削減真空分光器

真空

真空紫外域(190 nm以下)の測定のため,真空ポンプ(ロータリーポンプ)で分光器内の空気を排気する真空方式を採用しています。パージガスが不要で迅速な立ち上げが可能です。ポンプが停止すると自動で電磁弁が閉じ,分光器内の真空を保持します。停止時の大気の逆流等による汚染の心配はありません。

真空分光器のメリット

長期間安定した分析を実現する導入系自然吸引・自然落下方式

長期間安定した分析を実現する導入系

試料の導入は高精度なネブライザーを用いた自然吸引方式を,ドレンは自然落下方式を採用しています。ペリスタルティックポンプは必要ありません。ポンプチューブの劣化による,導入効率の低下やばらつき,ドレンの排出不良による故障等の心配もなく,長期間安定した分析が可能です。(内標準元素の自動添加を使用する場合は,オプションのペリスタルティックポンプを使用下さい。)

Top of This Page