ICPE-9800シリーズ

マルチタイプICP発光分光分析装置(Simultaneous ICP Atomic Emission Spectrometer)

ランニングコストを半分以下に

ガス消費量を半減する3つのシステム

ガス消費量を抑える3つのシステム(Ecoモード,ミニトーチシステム,真空分光器)を搭載し,アルゴンガスの消費量を最大限に減らしました。
さらに純度の低い低価格のアルゴンガス(99.95%以上)を使用でき,3年で数百万のコスト削減が可能です。

Ecoモードを搭載

Ecoモードを搭載
待機時のアルゴンガス消費量を約1/2,高周波出力を約1/2に抑える,Ecoモードを追加しました。待機時は自動的にプラズマガスの流量が下がり,Ecoモードに入ります。試料をセットし,測定開始のアイコンを押すだけで,自動で分析モードに戻り,測定が開始されます。

ミニトーチシステム

ミニトーチシステム
ミニトーチは標準トーチに比べ,アルゴンガス消費量を約半分に減らせます。

分光器パージガス不要 - 真空分光器

分光器パージガス不要 - 真空分光器
真空分光器を採用しているため,パージ型分光器のように高純度のアルゴンガスもしくは窒素ガスを流し続ける必要は
ありません。

分析例

1日約120検体(6時間)を間に準備時間(試料調製,休憩時間)を設けて測定した例

分析例

Top of This Page