Prominenceイミノクタジン分析システム構成例

水質管理目標設定項目(健発第1010004号)に指定されているイミノクタジン酢酸塩を分析できるシステムです。 検査方法(健水発第1010001号)の「別添方法15」では,ポストカラム蛍光検出法が指定されていますが,本システムは「別添方法15」に準拠しておりイミノクタジン酢酸塩を高感度分析できます。
⇒蛍光検出器RF-20Axs詳細はこちら
(関連情報)HPLCアプリケーションニュース L312A
「水質管理目標設定項目検査方法に準拠したイミノクタジン酢酸塩の分析」(.pdf,58kB)

Prominence イミノクタジン分析システム
 構成例説明
 品名 型名 備考
システムコントローラ CBM-20A
送液ユニット LC-20AD x 3 高精度分析送液ユニット。移動相送液に1台,反応液送液に2台用います。
自動洗浄キット 20AD x 2 1台で移動相送液ポンプ、もう1台で反応液送液ポンプ2台をまとめて洗浄します。
オンライン脱気ユニット DGU-20A5R 5流路用
オートインジェクタ SIL-20AC クーラー付きオートサンプラ
1.5 mLバイアル用ラックが標準付属します。
1.0 mL PP製バイアル イミノクタジンの吸着を抑制するためにPP製バイアルを使います。
カラムオーブン CTO-20AC クーラー付きカラムオーブン
蛍光検出器 RF-20AXs
化学反応槽 CRB-6A イミノクタジン配管キットを格納します。
イベントケーブル CRB-6AのヒータON/OFFに使用します。
イミノクタジン配管キット ポストカラム誘導体化する反応管です。
分析カラム Shim-pack VP-ODS
(150 mm×4.6 mmI.D.)
リザーバトレイ
LCワークステーションPCセット LabSolutions LC Single LC
コンセントユニット CRB-6A等を自動停止するために使用します。
カラープリンタ
プリンタケーブル
※ セル温調機能なしのRF-20Aをお使いいただくことも可能です。

HPLC・IC 概算定価お問い合わせフォーム (国内向け)に戻る

Top of This Page