Prominence臭素酸分析システム構成例

水質検査方法(厚生労働省告示第261号)に準拠した臭素酸分析システムです。 イオンクロマトグラフ-ポストカラム吸光光度法により臭素酸を分析するシステムです。臭素酸を陰イオン交換クロマトグラフィ—で分離した後,「三臭素イオン法」と呼ばれるポストカラム誘導体化法で吸光光度検出します
臭素酸分析では,臭素酸の水質基準が0.01 mg/Lであるために,その1/10(0.001 mg/L)の濃度が検出できなければなりませんが,本分析システムは独自の試薬混合技術で感度の向上を図っており,求められる検出下限を難なく検出できます。
⇒臭素酸分析システム詳細はこちら

Prominence 臭素酸分析システム
 構成例説明
 品名 型名 備考
システムコントローラ CBM-20A
送液ユニット(1) LC-20AD x 2 高精度分析送液ユニット
移動相送液,反応液送液に用います。
送液ユニット(2) LC-20Ai 接液部にPEEK樹脂を用いた送液ユニット
硫酸を含む反応液送液に用います。
自動洗浄キット 20AD 反応液送液ポンプを洗浄します。
オンライン脱気ユニット DGU-20A5R 5流路用
オートインジェクタ SIL-10Ai 接液部にPEEK樹脂を用いた,イオンクロマトグラフィーに最適なオートインジェクタです。
4 mLバイアル,PP製
サンプルループ 500 μL,PEEK
サンプルクーラー L
カラムオーブン CTO-20AC クーラー付きカラムオーブン
UV-VIS検出器 SPD-20A
イナートセル SPD-20A/-20AV用
臭素酸分析配管キット ポストカラム誘導体化する反応管です。
分析カラム Shim-pack IC-Bromate
ガードカラム Shim-pack IC-Bromate(G) 分析カラム保護のために必ずお使い下さい。
イナートLC配管キット
リザーバトレイ
LCワークステーションPCセット LabSolutions LC Single LC
コンセントユニット
カラープリンタ
プリンタケーブル

HPLC・IC 概算定価お問い合わせフォーム (国内向け)に戻る

Top of This Page