Prominenceアミノ酸分析システム構成例

OPA(オルトフタルアルデヒド)を反応試薬に用いるポストカラム蛍光検出法は,ニンヒドリン法に比べてアミノ酸を一桁以上高感度に分析できます。 イオン交換クロマトグラフィーでアミノ酸を分離した後,OPAで誘導体化し蛍光検出するのでプレカラム誘導体化法でしばしば見られる夾雑物の影響を受けることなく高精度で定量できます。  検出感度,選択性,操作の簡便性などの点で優れており食品をはじめ広い分野で用いられています。
島津アミノ酸分析システムには,タンパク質加水分解アミノ酸分析用の「Naタイプ」と遊離アミノ酸分析用の「Liタイプ」の分離法があります。 分析目的に合わせてお選びください(下記の構成例ではNaタイプをご紹介しています)。
⇒蛍光検出器RF-20Axs詳細はこちら

Prominence アミノ酸分析システム
 構成例説明
 品名 型名 備考
システムコントローラ CBM-20A
送液ユニット(1) LC-20AB 移動相の送液に用います。一台で高圧グラジエント送液ができます。
送液ユニット(2) LC-20AD 反応液の送液に用います
自動洗浄キット 20AD
自動洗浄キット 20AB
流路切換バルブ FCV-11ALS 電磁弁の切り替えで使用する溶媒(移動相またはカラム洗浄液)を選びます。
オプションボックス(S) VP
オンライン脱気ユニット DGU-20A3R x 2 3流路用
ミキサ 0.5-2.6 mL HP
オートインジェクタ SIL-20AC クーラー付きオートサンプラ(塩基性の移動相も使用可能です)
1.5 mLバイアル用ラックが標準付属します。
1.5 mLガラス製バイアル
カラムオーブン CTO-20AC クーラー付きカラムオーブン
カラムとアミノ酸分析配管キットを格納します
蛍光検出器 RF-20AXs
アミノ酸分析配管キット ポストカラム誘導体化のための反応管です。
配管接続部品
Na型分析カラム Shim-pack Amino-Na Li型で分析される場合は,Shim-pack Amino-Liをお使い下さい。
Na型プレカラム Shim-pack ISC-30/S0504 Na アンモニアトラップカラム。Li型で分析される場合は, Shim-pack ISC-30/S0504Liをお使い下さい。
アミノ酸移動相キットNa型 Li型で分析される場合は, アミノ酸移動相キットLi型をお使い下さい。
アミノ酸分析キット OPA試薬 ポストカラム誘導体化に用いる反応試薬キットです。
リザーバトレイ
LCワークステーションPCセット LabSolutions LC Single LC
コンセントユニット
カラープリンタ
プリンタケーブル

※ セル温調機能なしのRF-20Aをお使いいただくことも可能です。

HPLC・IC 概算定価お問い合わせフォーム (国内向け)に戻る

Top of This Page