Prominence大量分取システム構成例

世界で1000台以上稼動しているLC-8Aの高い基本性能を維持したまま,より幅広い流量域で威力を発揮するLC-20AP送液ユニットの分取システムです。 最大流量は150mL/minとパワフルであり内径20~50mmカラムでの自動連続分取に適していますが,一方で分析カラムサイズ(1mL/min)での分析条件検討/負荷量検討,分画液の純度検定まで行えます。 基本性能のみならず省スペース,省エネも実現しました。
⇒分取用HPLCシステム詳細はこちら

Prominence大量分取システム
 構成例説明
 品名 型名 備考
システムコントローラ CBM-20A
送液ユニット LC-20AP x 2 流量範囲:0.01~150.0 mL/minの大容量送液ポンプ
グラジエントミキサ(1) 分取用
グラジエントミキサ(2) 分析用
リザーバ切換バルブ FCV-230AL
マニュアルインジェクタ※ Rheodyne7725i
オートサンプラ SIL-10AP 大容量注入に適したオートインジェクタです。
5 mLまで注入できます。サンプルラックLL(13 mLバイアル用)が標準付属。
カラムホルダ
フォトダイオードアレイ検出器 SPD-M20A
分取用セル 光路長可変セル0.5 mm
マニュアルカラムスイッチングバルブ※※
フラクションコレクタ FRC-10A
FRC用バルブ付きフラコレヘッド
FRC用大容量キット
配管部品
リザーバトレイ
LCワークステーションPCセット LabSolutions LC Single LC
カラープリンタ
プリンタケーブル
コンセントユニット

HPLC・IC 概算定価お問い合わせフォーム (国内向け)に戻る

Top of This Page