LCtalk vol.90

LCtalk 2014年1月発送分ご紹介
 (2014年1月8日時点の希望会員様向けに1月25日発送)

LCtalk 90号表紙

主な内容:

 

 
talk クロマトグラフィー研究の思い出
兵庫県立大学
名誉教授 寺部 茂先生

 
NOW 温度応答性高分子HPLCの高機能化
慶應義塾大学薬学部
創薬物理化学講座
助教 蛭田 勇樹先生

 
Products
高速液体クロマトグラフ質量分析計 LCMS-8050
他の追従を許さない測定スピードとクラス最高感度を実現したトリプル四重極型質量分析計 LCMS-8050が,これまでの常識を覆す【高感度× 高速】分析を実現します。
      ・高速化が困難であった高感度定量を高速に
      ・多成分一斉分析をより短時間に
      ・定性と定量分析を同時に
 
Applications
トラップフリー2次元LC/MS不純物同定システムによる医薬品中の不純物分析」
医薬品中の不純物の構造解析時は,溶出パターンが変わらないように今までお使いのLC分析条件を使うことが望まれていますが,移動相が不揮発性緩衝液でLC/MSにそのまま導入することが困難なことがあります。1次元目では,通常のLC条件で分離し,構造解析を行いたい不純物ピークのピークトップ付近をループに捕獲し,2次元目LCに導入,分離した後,MSnが可能なLCMS-IT-TOFでアトルバスタチンカルシウムの不純物を構造解析した事例をご紹介します。
 
Report
学会・論文発表
 
デスクです
Q:イオンクロマトグラフィーのノウハウ、コツやトラブルシューティングについて教えてください。
A:
LCtalk vol.53 と54 で,「日常分析の留意点・・・イオンクロマトグラフ編」としてご紹介しました。また、「イオンクロマトグラフィーQ&A(C197-0008)」という冊子も発行しております。
 
Notice 「講習会予定のご案内(2014年4月~2014年9月)」
「HPLCスクール」~好評開講中!
 

関連情報

Top of This Page