LCデータ集・技術資料

イオンクロマトグラフ応用データ集 改訂情報 (C190-0209, D改訂)

イオンクロマトグラフ応用データ集

C改訂からの改訂部分は下記の通りです。

ページ,箇所 誤り(C改訂) 正(D改訂)
P10 ◇調製手順
i) 10倍濃縮原液の調製
  炭酸水素ナトリウム10.08g
  酸ナトリウム0.636g
◇調製手順
i) 10倍濃縮原液の調製
  炭酸水素ナトリウム10.08g
  炭酸ナトリウム0.636g
P28 図2.26の分析条件 3.6mm/L 炭酸水素ナトリウム 3.6mm/L 炭酸ナトリウム
P28 図2.27の分析条件 3.6mm/L 炭酸水素ナトリウム 6.0mm/L 炭酸ナトリウム
P56 図3.36のピーク成分 1.酢酸
2.次亜りん酸
3.亜りん酸
1.酢酸
2.亜りん酸
3.次亜りん酸
P101 表4.1
ページ,箇所 追加前 追記後(D改訂)
P11,P30 NaとNH4の高分離条件用溶離液について
◇調製手順
しゅう酸2水和物 0.378g
18-クラウン-6 1.322g を秤量し容量1Lのメスフラスコにいれ,超純水を加えて溶解後,全量1Lとする。
*18-クラウン-6は,NH4,Kの溶出位置を考慮して1~5mmol/Lの範囲で添加量を調節します。

NaとNH4の高分離条件用溶離液について
◇調製手順
しゅう酸2水和物 0.378g
18-クラウン-6 1.322g(1mmol/L添加の場合は0.2644g)を秤量し容量1Lのメスフラスコにいれ,超純水を加えて溶解後,全量1Lとする。
*18-クラウン-6は,NH4,Kの溶出位置を考慮して1~5mmol/Lの範囲で添加量を調節します。
*KをMgとCaの間に溶出させる条件のため,カラムの特性に合わせて濃度調整が必要な場合があります。
*水道水分析では、1-1.5mmol/L 程度の添加量でも分離が改善されます。 この場合,KはMgの前に溶出します。
*10倍程度の高濃度を調製しておくと便利です。
Top of This Page