Shim-pack シリーズ

Shim-pack Arata LCカラム

~塩基性化合物の比類ないピーク形状により新たなレベルの分離を実現~

塩基性化合物のピーク形状改善を謳ったカラムでも,高極性塩基性化合物のリーディング,酸性化合物のピーク形状悪化や,希薄有機酸移動相条件での長時間の平衡化などの課題により,適した分離が得られないことが多くあります。
Shim-pack Arata LCカラムはこれらの課題を全て解決し,塩基性化合物の比類ないピーク形状により新たなレベルの分離を実現します。

比類ないピーク形状 ~塩基性化合物はもちろん酸性化合物にも~

Shim-pack Arata LCカラムは酸性化合物の良好なピーク形状を維持しながら,塩基性化合物の比類ないピーク形状を実現します。塩基性化合物
のピーク形状が悪化しやすい希薄有機酸移動相(0.1%ギ酸移動相)条件においても,アミトリプチリン(塩基性)および安息香酸(酸性)どちらも卓
越したピーク形状が得られます。

 

 

ペプチドに対する卓越した分離性能 ~ギ酸含有移動相でも~

一般的に正電荷を有するペプチドの逆相分析では,良好なピーク形状を得るために,イオンペア効果の高いTFA含有移動相が用いられますが,TFAはイオンサプレッションの原因となるなど課題が残っています。Shim-pack Arata LCカラムは,LC/MS(/MS)に適したギ酸含有移動相条件でも,ペプチドの良好なピーク形状を実現し,卓越した分離性能を発揮します。

 

迅速なカラム平衡化 ~希薄有機酸移動相条件でも~

一般的なODSカラムで0.1%ギ酸等の希薄有機酸移動相を用いて塩基性化合物を分析する場合,ピーク形状の問題が見られるだけでなく,安定し
たデータを得られるまでに長時間を要するといった問題も生じます。Shim-pack Arata LCカラムは,希薄有機酸移動相条件でも迅速に平衡化し,
比類ないピーク形状と安定した保持時間で,確実な定性・定量を実現します。

 

Top of This Page