Prominence HPLCモジュール(6/8)

高速液体クロマトグラフ

流路切換バルブ

高圧流路切換バルブ
高圧流路切換バルブ

FCV-20AH2/ 20AH6は,スタンドアロンタイプの高圧流路切換バルブです。
イベント信号の入力によりバルブポジションを制御します。本体にて直接制御することもできます。

リザーバ切換バルブ
リザーバ切換バルブ

1台の送液ユニットあたり2液の溶媒自動切換(例えば移動相とカラム洗浄液の切換など)ができる電磁弁ユニットです。
FCV-11ALは最大3台FCV-11ALSは1台の送液ユニットの溶媒自動切換に対応します。

高圧流路切換バルブ
高圧流路切換バルブ

6ポート2ポジション高圧バルブを内蔵した流路切換バルブです。
自動カラムスイッチング自動前処理などに使用できます。FCV-32AHは130MPaの高耐圧仕様です。
※FCV-12AHiは接続部をイナート仕様にしたモデルです。

リザーバ切換バルブ
リザーバ切換バルブ

7ポート6ポジションバルブを内蔵した溶媒自動切換用バルブです。
最大6液までのステップワイズグラジエント,溶媒切換ができます。

カラムスイッチングバルブ
カラムスイッチングバルブ

7ポート6ポジション高圧バルブを内蔵したカラム切換バルブです。自動マルチカラムスイッチングに使用できます(2個使用)。 FCV-34AHは100MPaの高耐圧仕様でカラムオーブン内蔵専用モデルです。
※FCV-14AHiは接続部をイナート仕様にしたモデルです。

洗浄ポンプ付リザーバ切換バルブ
洗浄ポンプ付リザーバ切換バルブ

送液ユニットのプランジャシール後部を連続自動洗浄できるポンプを内蔵しています。
2液の溶媒自動切換ができますのでカラムや流路の自動洗浄に便利です。

リザーバ切換バルブ
リザーバ切換バルブ

電磁弁による2液(オプションで4液)の溶媒切換ができます。LC-20AP本体もしくはシステムコントローラCBM-20A/20Aliteやワークステーションから制御可能です。またオプションの4液流路オプション(228-45165-41)を追加することにより4液の溶媒切換に拡張できます。
※写真は4液流路オプション付

仕様

 
FCV-12AH
FCV-12AHi
FCV-32AH FCV-20AH2
FCV-14AH
FCV-14AHi
FCV-34AH FCV-20AH6 FCV-13AL
バルブ
タイプ
6ポート2ポジション 7ポート6ポジション
使用pH範囲 1~10 114 110 110 114 110 212
最大使用圧力
34.3 MPa(12AH)
19.6 MPa(12AHi)
130 MPa 34.3 MPa
34.3 MPa(14AH)
19.6 MPa(14AHi)
100 MPa 34.3 MPa
寸法(mm) W110×D250×H110 W110×D270×H150 W110×D250×H110 W57×D161×H44 W110×D270×H150 W110×D250×H110
質量 4 kg 5 kg 4 kg 850 g 5 kg 4 kg
 
FCV-11AL
FCV-11ALS
FCV-15AL FCV-230AL
バルブタイプ 3方電磁弁
使用pH範囲 114
最大使用圧力
寸法(mm) W110×D250×H110
質量 2 kg 4 kg 2.7 kg
  • FCV-12/14/32AHはCTO-20A/20ACに2台まで内蔵することができCBM-20A/20Aliteで制御可能です。FCV-12/14/32AHを3台以上もしくはFCV-13ALを制御する場合はオプションボックスVPまたはサブコントローラVPが必要です。
  • FCV-11/15ALを溶媒切換に使用する場合送液ユニットからはこれらのうち1台のみ制御できます。これらのうち2台を同時装着する場合オプションボックスVPまたはサブコントローラVPが必要です。
 

 

Top of This Page