Shim-pack シリーズ

汎用LCカラム Shim-pack VP-ODS

Shim-pack VP-ODS

優れた製造均一性・優れた基本特性

分析法の開発やバリデーションにおいて,カラムの製造均一性に対する期待が高まっています。Shim-pack VP-ODSはそのような期待にお応えするために開発されたカラムです。
シリカ基材の品質を安定化し,オクタデシル基導入とエンドキャッピングに関して再現性の高い表面修飾技術を確立しました。
研究開発部門・品質管理部門の厳しい要求を満足することのできる,標準的ODSカラムとしてお使いいただけます。

優れたロット間の製造均一性

ODSカラムのバラツキの原因は大別して3つあります。ひとつはシリカ基材のバラツキ,もうひとつは表面修飾時のバラツキ,そしてカラム充填のバラツキです。
Shim-pack VP-ODS はこれらのバラツキに関する厳格な管理を行い,所定の規格に合格した製品のみを出荷しています。これにより,メソッド開発から品質管理に至るまで,カラム間の高い製造均一性が得られます。

シリカ基材3ロット間の再現性比較
シリカ基材3ロット間の再現性比較

理論段数とカラム圧力のバランス

理論段数が大きく,圧力の低いカラムほど使いやすいカラムといえます。1MPaあたりの理論段数を比較すると,Shim-pack VP-ODSが優れたカラムであることがわかります。

他社カラムA~Cと同等の理論段数であると仮定した場合,同条件で分析を行った時のカラムにかかる圧力はShim-pack VP-ODSが最も低い事が分かります
1Mpa当りの理論段数を他社カラム3種と比較

優れたピーク形状


金属不純物の少ない基材を使用しています。
配位性化合物のピーク形状が良好です。


エンドキャッピングを徹底しています。
塩基性化合物のピーク形状が良好です。

他のアプリケーションについては,こちらへ。

仕様

  Shim-pack VP-ODS
粒子径(μm) 5
細孔径(nm) 12
比表面積(m2/g) 410
炭素含有率(%) 20
耐圧(MPa) 19.6
細孔容積(mL/g) 1.25
エンドキャッピング
結合様式 モノメリック
USPカテゴリー L1

価格表(島津GLCサイトへ)

Shim-pack VP-C8/ Phenyl

島津汎用分析カラムShim-pack VPシリーズに,従来のODSの他,オクチル基を結合したShim-packVP-C8,フェニルプロピル基を結合したShim-pack VP-Phenylを揃えました。分離特性が等しい高速用カラムShim-pack XRシリーズと合わせてご使用頂くことで,メソッド開発を高速分析で行い,それを汎用分析へスムーズに移行することが可能となりました。

仕様

品名 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
炭素含有率 (%) 耐圧
(MPa)
Shim-pack VP 5 12 410 VP-ODS:20(L1)
VP-C8:12.5(L7)
VP-Phenyl:12.3(L11)
約20
Shim-pack XR 2.2 12 340 XR-ODS:18(L1)
XR-C8:11(L7)
XR-Phenyl:11(L11)
約35

※炭素含有率の( )内はUSPカテゴリーを示しています

等しい保持挙動のカラムによる高速/汎用分析例(ODS,C8,Phenylの3種類)

以下にShim-pack VPカラムとShim-pack XRカラムの分析例を示します。各分析例とも相対保持時間はほぼ維持した分析が実現できています。メソッド移行ではこの同等性が重要となりますので,Shim-pack VPシリーズとShim-pack XRシリーズはメソッド開発カラムとしても最適な組み合わせのカラムと言えます。

1. サルファ剤 5成分の一斉分析例

Shim-pack VP-ODSとShim-pack XR-ODSの比較

Shim-pack VP-ODSとShim-pack XR-ODSの比較

2. 脂溶性ビタミンの分析例

Shim-pack VP-C8とShim-pack XR-C8の比較

Shim-pack VP-C8とShim-pack XR-C8の比較

3. 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一斉分析例

Shim-pack VP-PhenylとShim-pack XR-Phenylの比較

Shim-pack VP-PhenylとShim-pack XR-Phenylの比較

他のアプリケーションについては,こちらへ。

価格表(島津GLCサイトへ)

Shim-pack CLCシリーズ

Shim-pack CLCシリーズは,VP シリーズとは異なる基材を用いていますので,異なった選択性を示します。
また,VP シリーズにはないCN(シアノプロピル基),SIL(シリカゲル),NH2(アミノプロピル基)もラインアップされていますので,様々な分析に対応できます。
さらに,Shim-pack CLCシリーズには,HVA/VMA分析専用のShim-pack CLC-VMAも用意しています。

分析例

アスコルビン酸とエリソルビン酸の分析(CLC-NH2カラム)

カテコールアミン代謝物の分析(CLC-VMAカラム)

他のアプリケーションについては,こちらへ。

価格表(島津GLCサイトへ)

Top of This Page