Shim-pack シリーズ

高速・高分離カラム Shim-pack FC-ODS

Shim-pack FC-ODS

汎用システムで,分析時間を短縮

Shim-pack FC-ODSは汎用システムを用いて,分析時間を短縮するには,最適なカラムです。画期的な表面構造と充填方法の最適化により,優れた分離能を示します。充填剤粒子径は3μmにもかかわらず,市販されている2μmカラムと同等の性能を示すため,5μmカラムの2倍相当の分離能を有します。通常よりも短いカラムでも高い理論段数が得られ,分析時間の短縮が図れます。

Shim-pack FC-ODSの応用

市販の平均的なODSカラムと同等の疎水性相互作用を示すように設計されています。そのため,別のODSカラムで設定した分析条件をほとんどそのまま使用することができます。一方,親水性相互作用(水素結合性,配位結合性)については極力抑制されていますので,塩基性化合物を分析する際には非常に有効です。また,立体選択性(化合物の立体構造の差異を認識する能力)を高めていますので,従来のODSでは分離困難であった成分の分離に対しても有効となります。Shim-pack FC-ODSは3種類のカラム長さをラインアップしています。各々の使い分けは以下のとおりです。

■ 30mm
試料が複雑なマトリクスを持たない場合のハイスループット分析に適しています。

■ 75mm
従来の150mmのカラムを用いた分析に対し,分析時間を短縮したい場合に役立ちます。150mm相当の理論段数を示しますので,分析条件を変更しなくても約1/2の時間で同等の分離を得ることができます。グラジエント分析の場合のタイムプログラムは,1/2の時間で濃度を変化させるように変更してください。

■ 150mm
従来の150 mm のカラムでは,分離が困難な場合に,お試しください。

30 mm カラムを用いたハイスループット分析

30 mm カラムを用いたハイスループット分析

6.5分で10回の繰り返し分析が可能
⇒ アプリケーションの詳細は こちら(会員制サイト)

2,4-DNPH 誘導体化アルデヒド/ケトン類の迅速分析

2,4-DNPH 誘導体化アルデヒド/ケトン類の迅速分析

環境空気(A)および実験室内空気(B)の分析例
⇒ アプリケーションの詳細は こちら(会員制サイト)

他のアプリケーションについては,こちらへ。

仕様

  Shim-pack FC-ODS
粒子径(μm) 3
細孔径(nm) 12
比表面積(m2/g) 315
炭素含有率(%) 18
耐圧(MPa) 20
細孔容積(mL/g) 1
エンドキャッピング
結合様式 モノメリック
USPカテゴリー L1
 

価格表(島津GLCサイトへ)

 

Top of This Page