Nexera Bio

バイオコンパチブル液体クロマトグラフ Nexera Bio

Nexera Bioは,超高速液体クロマトグラフNexeraシリーズの特長である信頼性,堅牢性および拡張性をそのままに,遺伝子組換え,細胞融合,細胞培養などのバイオテクノロジーを利用して開発/製造されたタンパク質性医薬品や抗体医薬品などの分析に適した超高速バイオコンパチブルLCシステムです。

Nexera Bioは抗体医薬品や膜タンパク質の分析において一般的に用いられる高濃度の塩や酸を含む移動相溶媒に対応できるほか,金属への親和性が高いリン酸化ペプチドの分析時に問題となる配管吸着由来のピークテーリングを抑制し,質の高いデータの取得や解析をサポートします。

ここではNexera Bioを用いたリン酸基含有化合物やペプチドの分析についてご紹介します。

1. Nexera Bioの特長

1-1. 低キャリーオーバーを実現

島津製オートサンプラーで定評のある,低キャリーオーバー設計に加え,バイオサンプルのキャリーオーバーを抑えるための,素材選定や洗浄機構を採用しています。これまでキャリーオーバーの影響で,正しく定量できなかったピークも再現性良く検出でき,データの信頼性も向上します。

 

1-2. サンプルのロス(吸着)をシステム全体で抑制

ステンレス配管などに吸着しやすいバイオサンプルの分析のために,流路をイナート化することで,これまで十分な感度で検出できなかったピークを検出することが可能です。

 

1-3. 耐腐食性を向上

高塩濃度やハロゲンを含む移動相条件での分析に耐えるため,接液部材のコーティングやポンプの自動洗浄を行っています。通常システムでは塩の析出や腐食により,長期安定稼働が難しい条件でも,トラブルなく,安定稼働ができることを確認しています。

 

 

2. Nexera BioとShim-pack Bioシリーズを用いた分析例

ペプチド医薬品,核酸医薬品などの中分子医薬品や,バイオ医薬品の開発が加速するなか,より高品質な医薬品の供給や創出に向け,より精度の高い分析評価技術が求められています。
Shim-pack Bio DiolカラムおよびIEXカラムは,その性能により,中分子医薬品やバイオ医薬品の分析評価精度向上に貢献します。

2-1. Shim-pack Bio Diolを用いた抗体医薬品の凝集体評価の例

水系サイズ排除クロマトグラフィー用カラム“Shim-pack Bio Diol”を用いて抗体医薬品の凝集体を評価した例をご紹介します。
Shim-pack Bio Diol は異なる4種類のポアサイズをラインアップしており,サイズ排除クロマトグラフィに適したバイオアナリシス用の分析カラムです。抗体医薬品の凝集解析やフラグメントの分離,核酸,糖鎖の分離や分子量の測定に適しています。
下図には“Shim-pack Bio Diol”を用いて抗体医薬品を分析した例を示します。
粒子径を5 µmから2 µmに低減することにより,凝集体の分離を改善すると共に,感度や定量精度の向上にも繋がります。
さらに1/2長さのカラム(150 mmL.)を用いることにより,凝集体の高速高分離分析を実現することができます。
 
⇒ Shim-pack Bio Diolの詳細はこちら

粒子径2 µmカラムを用いた抗体凝集解析の迅速化

 

2-2. Shim-pack Bio IEXを用いた合成オリゴヌクレオチドの例

Shim-pack Bio IEX”は,タンパク質や核酸類の分離に適したイオン交換カラムです。
“Shim-pack Bio IEX”にはノンポーラスタイプとラボスケールでの少量精製を可能としたポーラスタイプをラインアップしています。
下図はノンポーラスタイプの“Shim-pack Bio IEX”を用いて合成オリゴヌクレオチドを分析した例を示します。
“Shim-pack Bio IEX”は一塩基の違いをも見逃すことなく認識することができます。
 
⇒ Shim-pack Bio IEXの詳細はこちら

Shim-pack Q-NPを用いた合成オリゴヌクレオチド(一本鎖DNA)の分離

(関連製品)メタルフリーカラム MastroTM C18を用いたペプチドの分析例

Nexera Bioと高耐圧メタルフリーカラム“MastroTM C18”を用いて,アンジオテンシンI 標準溶液(100 mg/L)を繰り返し5回分析して得られたクロマトグラムを示します。
ピーク面積値の相対標準偏差(n=5)は0.12%と良好な再現性が得られました。

Nexera BioとMastroTMカラムによる,アンジオテンシン I の分析 (n = 5)

 

平均値(n=5) 変動係数(%) シンメトリー係数
416,572 0.12 % 1.2

Nexera BioとMastroTM C18の組み合わせは,吸着の低減と高感度化を両立し,バイオ医薬品分析における信頼性向上に寄与できると考えられます。

⇒ MastroTMカラムについてのお問い合わせはこちら(島津GLC)

 
 
 

3. バイオ医薬品分析に最適な消耗品のご紹介

3-1. 高耐圧PEEKチューブ/フィンガータイトフィッティング Nexlock PLS

オートサンプラとカラム間を接続する配管にステンレスで補強した高耐圧PEEK チューブ(Nexlock PLS)を採用しました。フィッティングは配管の端面で直接シールする構造から,接続部でのデッドボリュームをなくし,ピークテーリングを抑制することができます。

またフィッティングと配管の接続には専用冶具などを用いることなく手で容易に脱着/交換することができます。

※ 仕様耐圧 66 MPa,推奨交換目安 100回

3-2. TORAST-HTM Bio Vialのご紹介

ミオグロビンのトリプシン消化物による吸着試験

ペプチドがバイアルに吸着する主なメカニズムは,疎水的吸着及びイオン的吸着と言われています。ガラス製バイアルでは主にガラス表面のシラノールとのイオン的吸着が,一方,ポリプロピレン(PP)等のポリマー製バイアルでは主にポリマーとの疎水的吸着が生じます。ペプチドを分析されている方の間では,この双方の吸着に対して抑制効果のあるバイアルの登場が切望されているのではないでしょうか。
今回,島津ジーエルシーでは,ポリマー製バイアルに特殊コーティングを施したペプチド低吸着バイアルを開発しました。このバイアルは塩基性,酸性及び中性化合物に対し極めて不活性度が高いという結果が得られています。特に濃度の低い試料をお取扱いになることが多いLC及びLC/MS(/MS)ユーザー様はぜひ一度お試しください。

⇒ TORAST-HTM Bio Vialについてのお問い合わせはこちら(島津GLC)

Top of This Page