イオンクロマトグラフ

イオンクロマトグラフ用陽イオン分析カラム Shim-pack IC-C4

Shim-pack IC-C4

Shim-pack IC-C4

 Shim-pack IC-C4は,ノンサプレッサイオンクロマトグラフ用に開発された,高性能汎用タイプの陽イオン分析カラムです。
 ノンサプレッサイオンクロマトグラフでは,分離に使用する移動相組成のアレンジが容易ですので, 広範なアプリケーション開発に応用できます。

優れたピーク対称性

標準試料溶液の分析

図1 標準試料溶液の分析

"Shim-pack IC-C4" は,アルカリ金属,アルカリ土類金属イオンの分析を行うための汎用カラムで, 従来製品より 2 価イオンのピーク対称性を改善しています。 微量分析から一般環境水まで幅広い 試料の分析にご使用いただけます。

表1 Shim-pack IC-C4 の仕様
充てん剤 基材 ポリメタクリレート
イオン交換基 カルボキシル基
粒子径 7μm
カラム本体 材質 PEEK (ポリエーテルケトン)樹脂
サイズ 内径 4.6 mm, 長さ 150 mm

ページTop

Na と NH4 を高分離

Na イオンとNH4 イオンの分離

図2 Na イオンと NH4 イオンの分離

Na イオンのピーク形状改善により,Na イオンとNH4イオンの高分離を実現しました。 高濃度Naイオン存在下におけるNH4イオンピークへの影響が少なく,一般的な水道水の濃度レベルであれば標準移動相条件で十分な分離が行えます。また,移動相に 18-クラウン- 6 を少量添加することにより,さらに分離を改善することができます。

表2 IC-C4 の標準分析条件
カラム :Shim-pack IC-C4 (150mm L.×4.6mm I.D.)
移動相 :2.5mmol/L しゅう酸
流量 :1.0mL/min.
温度 :40℃
検出 :電気伝導度
注入量 :50μL

ページTop

試薬添加による分離改善

水道水中の塩素酸分析では,検水にエチレンジアミン(EDA)を添加する前処理が行われます。 この処理水で陽イオン分析を行った場合,エチレンジアミンの保持が強く分析時間が長くなるため, 移動相濃度を高くして溶出を早める分析条件を設定します。
この時,移動相に 18-クラウン- 6 を少量添加することにより,全体の溶出時間を短縮した状態で,溶出の早い Na イオンと NH4イオンの分離を改善することができます。 18-クラウン- 6 の添加により,NH4イオンとK イオンの溶出を選択的に遅らせることができます。

陽イオン一斉分析

図3 陽イオン標準溶液のクロマトグラム

表3 IC-C4 の高分離条件
カラム :Shim-pack IC-C4
 (150mm L.×4.6mm I.D.)
移動相 :3.5 mmol/L しゅう酸
:1 mmol/L 18-クラウン- 6
流量 :1.0mL/min.
温度 :45℃
検出 :電気伝導度
注入量 :50μL

ページTop

フレキシブルな移動相選択

ノンサプレッサ方式のイオンクロマトグラフの特徴のひとつに, フレキシブルな移動相選択があります。 "Shim-pack IC-C4"では,移動相組成のアレンジによる 溶出制御があります。
"Shim-pack IC-C4"では,2種類の移動相を混合して使用することにより, 一般的な無機陽イオン以外にも,分離が困難と思われている遷移金属類の分離も可能となります。

混合移動相による多成分同時分析例

図4 混合移動相による多成分同時分析例

表4 図4の分析条件
カラム : Shim-pack IC-C4
 (150mm L.×4.6mm I.D.)
移動相 : A) 2.5 mmol/L しゅう酸
: B) 2.5 mmol/L メタンスルホン酸
: A):B) = 6:4 (v:v)
流量 : 1.0mL/min.
温度 : 40℃
検出 : 電気伝導度
注入量 : 50μL

ページTop

Top of This Page