i-Series Plus

液体クロマトグラフ

Prominence-i GPCシステム 世界最小クラスのマルチディテクションGPCシステム

一体型液体クロマトグラフ“Prominence-i”に示差屈折率検出器“RID-20A”を追加搭載することで,フットプリントを最小限に抑えて,かつ,複数検出器を用いたコンベンショナルスケールのGPCシステムを構築することができます。

マルチディテクションによるポリマー分析

疎水性ポリマーのGPC分析には一般的に示差屈折率検出器が用いられます。分析対象となるポリマーにUV吸収を有する微量の添加剤が含まれる場合は,これらを高感度に検出できるUV検出器やフォトダイオードアレイ検出器が補完的に用いられています。
“Prominence-i(PDAモデル)”と統合ワークステーション“LabSolutions”とオプションの“LabSolutions GPCソフトウェア”を用いることにより,示差屈折率検出器の分析結果を用いて主成分のポリマーのよる分子量分布測定を,フォトダイオードアレイ検出器の分析結果を用いて微量添加剤の定性と定量を同時に実施することができます。

高精度の分子量分布測定を支える保持時間再現性

示差屈折率検出器“RID-20A”は光学系に二重温度調節機能を採用することにより,室温変化に影響されることなくベースラインの安定性を保つことができます。また電源投入後の安定化時間も優れており,信頼性の高い分析データを得ることができます。 以下に,添加剤を含むポリスチレンを同一条件で5日間分析した際の示差屈折率検出器のクロマトグラムと溶出時間の繰り返し再現性結果をそれぞれ示します。

クロマトグラムの重ね書き

 

  溶出時間の平均値 CV値
DAY 1 7.427 0.066
DAY 2 7.444 0.034
DAY 3 7.455 0.065
DAY 4 7.418 0.025
DAY 5 7.434 0.057
安定した溶出時間に関する再現性の結果

 

直観的で分かりやすい操作パネル

Prominence-iはカラー液晶タッチパネルを搭載しており,流量やオーブン温度などの装置ステータス情報を確認することができます。
また,画面上でステータス画面からクロマトグラムモニターにも瞬時に切り換えることができますので,視線を移動することなく装置本体から分析状況を確認することができます。

ステータス
ステータス
クロマトグラムモニター画面
クロマトグラムモニター画面

Top of This Page