LC-2030C NT

高速液体クロマトグラフ

直感的操作で分析開始,終了まで装置にお任せ

 

これまでi-Seriesは装置起動(スタートアップ),測定を開始するための移動相置換やカラムの平衡化確認作業,分析開始,分析終了後の装置停止(シャットダウン)という一連の分析操作の完全自動化を推進してきました。しかし,カラムの接続は作業者のスキルに依存していました。LC-2030C NTは,スライドインカラムShim-pack NT-ODSを挿入するだけで接続が完了。誰でも工具なしで適切に接続することができます。実験室での移動相や試料のセッティングは作業者が行い,チームリーダーが遠隔操作でまとめて複数装置の制御や得られたデータの解析を行うという業務分担が可能になります。

直観的操作で分析開始、終了まで装置にお任せ

熟練度によらず,同じ分析結果

作業者によって,分析結果が異なることはないでしょうか?工具を必要とするカラムでは,作業者によって接続方法に違いがあり,結果に差が生じることがあります。スライドインカラムは,挿入後は自動で適切に接続されるため,誰でも同じ結果が得られます。

 

熟練度によらず、同じ分析結果

多検体分析を支える安定したカラム性能

 

Shim-pack NT-ODSは,分離カラムとしてロッド状のモノリスカラムを採用しているため,分析中に充填状態が変化するということがありません。多検体分析中でも,カラム性能が低下することなく,安定してお使い頂けます。

Shim-pack NT-ODSは,μmサイズのマクロ細孔とnmサイズのメソ細孔を持つモノリスシリカゲル(P/N 228-59520-01 65 mm×2.0 mmI.D. )を2本内蔵しています。マクロ細孔は,多孔質球状粒子カラムと比べて大きい流路径であるため,サンプル中の不溶物による詰まりが生じにくことが知られています。スクリーニングなどの迅速性が求められる場面で前処理を簡便化した試料にも適しています。

既存メソッドによる分析も可能

既存メソッドによる分析も可能

規制やSOPなどに従って,球状粒子充填型カラムを使った分析が求められる際も複雑な操作は不要。タッチパネル画面上からも各流路を切換可能です。

Top of This Page