Nexeraシアン分析システム

Nexeraシアン分析システム

水道水中のシアン化物イオンおよび塩化シアンには水質基準が設定され,同省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法[平成15年7月22日厚生労働省告示第261号,平成16年4月1日施行](以下,告示法)により,検査方法としてイオンクロマトグラフ-ポストカラム法が指定されています。水道水質分析以外では,工場排水や地下水の汚染により検出される可能性のある毒性物質として同検出方法が活用されています。Nexeraシアン分析システムは,水道法に準拠した検査条件により,シアン化物イオンおよび塩化シアンを基準値(0.01 mg/L)の1/10濃度まで高感度に分析することができます。
また,NexeraシリーズのAnalytical Intelligence機能が,常に溶離液や反応液の残量をモニターして枯渇を防止する,カラムを保護しながら迅速にシステムを自動起動するなど,LC操作に不慣れなユーザーの分析操作をサポートします。

Top of This Page