Co-Senseシリーズ

自動試料前処理システム

オンラインで煩雑な試料処理作業を自動化!

 Co-Senseシリーズは,複雑な試料処理を自動化し作業効率を高めることを目指した自動試料前処理システムです。これにより,手操作では煩雑で手間と費用のかかる作業が不要になります。また,HPLCによる目的成分分離において,LC-NMRやLC-MSの制約を受けない自由な条件設定を可能にします。
Co-Senseシリーズは,生体中代謝物の研究,化学合成における副反応の解析など不純物の構造解析にも威力を発揮します。

極微量不純物の超高感度定量を追求したシステム
Co-Sense for Impurities


1次元分離で不純物の分画をトラップ濃縮し,2次元目で高分離検出し,約10-20倍の高感度化が可能です。

NMR測定の時間短縮とランニングコストの低減
Co-Sense for LC-NMR


試料からのNMR測定する目的物質の分離精製,濃縮・脱塩・重水素化溶媒への置換を自動的に行います。

血清あるいは血漿試料も,前処理なしで分析
Co-Sense for BA


On-line SPEカラムMAYI-ODSとOn-line希釈流路で試料の前処理から分析にいたる一連の作業をシームレスに自動処理します。

従来のHPLC移動相のままLCMS分析
Co-Sense for LC-MS


HPLCによる試料からの目的物質の分離精製,濃縮・脱塩を自動化します。これにより,HPLCの移動相条件をLC-MSに合わせて変更する必要がなくなります。

"Co-Sense"とは,「感性の合作」を意味する本製品のコンセプトです。ユーザーとメーカーが一体になって,新しい価値を生み出すことを表しています。

Top of This Page