Co-Senseシリーズ

自動試料前処理システム

生体試料分析の効率化を追求したシステム

 生体試料中の薬物分析ではHPLCが広く用いられていますが,目的とする分析の精度および感度を達成するためにはクロマトグラフ条件もさることながら,試料前処理も大きなファクタを担っています。
 Co-Sense for BA は新規開発のOn-line SPEカラムMAYI-ODSとOn-line希釈流路を持つユニークなハードウェア構成により,試料の前処理から分析にいたる一連の作業をシームレスに自動処理します。 血清あるいは血漿試料のオンライン処理により分析の効率化・省力化をもたらします。

生体試料前処理用カラム Shim-pack MAYI-ODS

Co-Sense for BA

生体試料分析の効率化を追求した Co-Sense for BA

オンライン希釈バイパスの採用

オンライン希釈バイパスが有効

インドメタシンでの回収率比較データ 試料:インドメタシン添加血漿,  試料導入液:0.1%りん酸水溶液・アセトニトリル=95/5,  希釈倍率:8倍,  検出:UV315nm

本システムでは,下記の流路構成を持ち,前処理カラムへの試料導入流路に希釈バイパスを設けて,試料を自動的に希釈注入しています。 また試料導入用移動相に緩衝液や少量の有機溶媒添加を用いることにより,タンパク質結合率の高い薬物も確実にトラップ&濃縮でき,高い除タンパク効率と高回収率が得られます。 血漿(血清)のダイレクト注入を可能としました。

<除タンパク&成分の濃縮トラップ > 試料はオンライン希釈バイパスにより試料導入用移動相で自動希釈されながらMAYI-ODSに導かれます。MAYI-ODSでは除タンパクと同時に薬物が濃縮トラップされます。

除タンパク&成分の濃縮

<成分を分析カラムへ導入> MAYI-ODSにトラップされた薬物は,バルブ切換により分析カラムへ導入されます。

分析カラムへ

前処理カラムも含めた温調

高圧流路切換バルブはカラムオーブン内に配置されますので,無理なく前処理カラムも温調できます。 前処理カラムの温調により,安定した回収率が得られ分析精度の向上をもたらします。

生体試料前処理用カラムShim-pack MAYI-ODSへ

Top of This Page