Nexera臭素酸分析システム

  • Nexera臭素酸分析システム

臭素酸は浄水処理で使用される次亜塩素酸ナトリウム中の不純物および,オゾン処理の副生成物として生じる発ガン性物質として水質基準が設定され,同省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法[平成15年7月22日厚生労働省告示第261号,平成16年4月1日施行](以下,告示法)により,検査方法としてイオンクロマトグラフ-ポストカラム法が規定されています。Nexera臭素酸分析システムは,独自設計した反応液混合部により,高感度に臭素酸を分析できる水道法に準拠した分析システムです。さらにNexeraシリーズのAnalytical Intelligence機能が,常に溶離液や反応液の残量をモニターして枯渇を防止する,カラムを保護しながら迅速にシステムを自動起動するなど,LC操作に不慣れなユーザーの分析操作をサポートします。

Top of This Page