Nexera臭素酸分析システム

アプリケーション

臭素酸イオン標準液のクロマトグラムと再現性

新Nexeraシリーズによる水質検査方法に準拠したシアン・臭素酸の分析

水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法[平成15年7月22日厚生労働省告示第261号,平成16年4月1日施行]では,臭素酸の検査方法としてイオンクロマトグラフ-ポストカラム法が収載されています。この分析において,基準値の1/10濃度である0.001 mg/L(1 µg/L)の繰り返し面積再現性(%RSD)が10%以内となる定量精度が求められています。ここでは,新Nexera臭素酸分析システムを用いて告示法に準拠した分析を行い,告示法の要求を満たした分析が可能であることを示します。新Nexeraシアン分析システムについても,合わせてご紹介しています。

詳細はこちら 

 

水質基準に準拠したイオンクロマトグラフ―ポストカラム吸光光度法による臭素酸分析の妥当性評価

上水処理でオゾン処理や次亜塩素酸処理を行う場合に臭素酸は消毒副生成物として発生します。発がん性物質であること,水道水から高濃度で検出される可能性があることから平成15年から水質基準項目に指定されています。一方,検査を行う水道事業者に対しては検査方法について妥当性評価を行うことが求められています。
本稿では厚生労働省から示されているガイドラインに従って新Nexera臭素酸分析システムを用いた臭素酸試験の妥当性評価の例をご紹介します。

*水道水質検査妥当性評価ガイドラインの詳細については厚生労働省の下記サイトをご覧ください。
https://www.nihs.go.jp/dec/section3/validation.html

詳細はこちら 

Top of This Page