Perfinity iDP®

タンパク質酵素消化HPLCシステム

Perfinity iDP®ソフトウェアによる前処理から分析までのメソッド支援

専用ソフトウェアがメソッドの選択及び設定からサンプルの分析までの 一連の流れを完全にサポートします。

メソッドの選択
使用するメソッドを選択し,酵素消化時間や,分析カラムのサイズ,グラジエントの時間など最小限の項目を入力するだけで,分析に必要な各種パラメータが自動的に最適化されます。
バッチファイルの作成
連続分析のためのバッチファイルは,メソッドや保存するデータファイル名,試料の注入設定などの最小限の設定で作成が可能です。
LabSolutionsとのシームレスな接続
連続分析終了後,専用ソフトウェアからLabSolutionsのデータ解析画面にアクセスすることで,容易にデータの閲覧・ 解析が可能です。

Top of This Page