「シアン化物イオン及び塩化シアン」検査方法一部改正について

 

2010年2月17日付けで厚生労働省告示第48号が官報告示され,「水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法」(平成15年厚生労働省告示第261号)の一部が改正されました(2010年4月1日から適用)。 この中には,「シアン化物イオン及び塩化シアン」検査方法(別表第12)の改正も示されておりますので,関連情報をご案内させていただきます。

『別表第12:イオンクロマトグラフ-ポストカラム吸光光度法』一部改正について

<内容>

使用する緩衝液を酒石酸緩衝液からリン酸緩衝液に変更する等の改正

<改正の注意点>

「使用する緩衝液」とは,「標準液調製」と「試料の保存」に使用する緩衝液です。
  ・現行 :「標準液調製」と「試料の保存」に,酒石酸-酒石酸ナトリウム緩衝液を使用する。
  ・改正案 :「標準液調製」と「試料の保存」に,リン酸緩衝液を使用する。

*本改正は,溶離液には関係しません。
*弊社「シアン分析システム」では,従来通り「酒石酸緩衝液」を溶離液としてお使いください。

参考情報

弊社ではリン酸緩衝液調製に使用する試薬につきまして,現時点では以下の製品で検証しております。

  • リン酸(85%):和光純薬工業製 生化学用500 mL(160-08636)
  • リン酸二水素ナトリウム二水和物:和光純薬工業製 特級500 g(192-02815)



ご不明な点等がございましたら,お問い合わせください。

Top of This Page