自動濃縮システム

高速液体クロマトグラフ

微量環境化学物質の分析例

-さまざまな検出器との組み合わせが可能-

シングルMS検出器による河川水分析(各10 ng/L 50 mL濃縮)
蛍光検出器による河川水分析(2.5 ng/L 50 mL濃縮)

複雑なバルブ関係の設定も対話形式で簡単設定 さらに,連続分析時のオーバーラップ濃縮にも対応

カラムスイッチングHPLCでは複雑なバルブ切替プログラムを作成する必要があります。しかし,本自動濃縮システムでは,タイムプログラム作成支援ソフトウェアTP-Assistを用いることにより,濃縮量,濃縮速度,濃縮前後の前処理カラム/濃縮流路の洗浄条件など,分かりやすい指定パラメータを入力することで,タイムプログラムを自動作成できます。これによって,濃縮作業終了後に濃縮成分の洗浄を行い,不要成分を除去することや,定量精度向上のための流路の洗浄パージ,作業効率向上のためのオーバーラップ前処理の設定などが簡単に行え,ラボでの作業の効率化をお手伝いします。

LCパラメータ設定画面
濃縮操作関連タイムプログラム設定画面

Top of This Page