UF-Amino Station

LC/MS高速アミノ酸分析システム

大幅な時間短縮:9分でアミノ酸38成分を高速一斉分析

 高速高分離カラムとLC/MS検出により,わずか9分間で38成分の生体成分アミノ酸の一斉分析が可能となります。 最大96検体を24時間以内で分析することができます。
 イオン交換クロマトグラフィーとポストカラム誘導体化法を組み合わせたアミノ酸分析システムでの生体成分アミノ酸分析の場合,2時間以上要します。 一方UF-Amino Stationは,38成分の生体成分アミノ酸をわずか9分で分析でき,大幅なスループットの向上を実現します。 培養液中のリアルタイムでのアミノ酸組成分析など,従来のアミノ酸分析では困難であったアプリケーションにも対応することができます。

生体成分アミノ酸 標準試料の分析例
市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例

優れた検出選択性:HPLCだけでは未分離のピークもLCMSで確実に同定

 アミノ酸の分析時間を短縮するために,プレカラム誘導体化-UV検出法と逆相カラムによる分離を組み合わせた手法が用いられることがありますが,生体成分アミノ酸のように対象成分が多くなる場合や,夾雑成分が多く含まれる試料では,十分な分離が得られず分析結果の信頼性に限界があります。
 下図は市販脱脂粉乳中のアミノ酸分析例ですが,PTCを用いたプレカラム誘導体化- UV検出法では多成分のアミノ酸どうし,あるいは夾雑成分との分離が困難です。 一方で,UF-Amino Stationでは,それぞれのアミノ酸は独立したマスクロマトグラムにより定量されるので,ピーク間の分離による影響を最小化することができます。
このように,UF-Amino Stationでは LC/MS(SIM)による検出による高い選択性により,アミノ酸相互,あるいは夾雑成分のピークの重なりによる影響が無く,高精度の分析が可能です。

市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例
市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例

Top of This Page