UF-Amino Station

LC/MS高速アミノ酸分析システム

 

大幅な時間短縮:9分でアミノ酸38成分を高速一斉分析

 高速高分離カラムとLC/MS検出により,わずか9分間で38成分の生体成分アミノ酸の一斉分析が可能となります。 最大96検体を24時間以内で分析することができます。
 イオン交換クロマトグラフィーとポストカラム誘導体化法を組み合わせたアミノ酸分析システムでの生体成分アミノ酸分析の場合,2時間以上要します。 一方UF-Amino Stationは,38成分の生体成分アミノ酸をわずか9分で分析でき,大幅なスループットの向上を実現します。 培養液中のリアルタイムでのアミノ酸組成分析など,従来のアミノ酸分析では困難であったアプリケーションにも対応することができます。

生体成分アミノ酸 標準試料の分析例
市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例

優れた検出選択性:HPLCだけでは未分離のピークもLCMSで確実に同定

 アミノ酸の分析時間を短縮するために,プレカラム誘導体化-UV検出法と逆相カラムによる分離を組み合わせた手法が用いられることがありますが,生体成分アミノ酸のように対象成分が多くなる場合や,夾雑成分が多く含まれる試料では,十分な分離が得られず分析結果の信頼性に限界があります。
 下図は市販脱脂粉乳中のアミノ酸分析例ですが,PTCを用いたプレカラム誘導体化- UV検出法では多成分のアミノ酸どうし,あるいは夾雑成分との分離が困難です。 一方で,UF-Amino Stationでは,それぞれのアミノ酸は独立したマスクロマトグラムにより定量されるので,ピーク間の分離による影響を最小化することができます。
このように,UF-Amino Stationでは LC/MS(SIM)による検出による高い選択性により,アミノ酸相互,あるいは夾雑成分のピークの重なりによる影響が無く,高精度の分析が可能です。

市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例
市販脱脂粉乳中のアミノ酸の分析例
 

シンプル操作のソフトウェアAmiNavi®:ウィザードに従うだけで迷わず操作

 本システムの専用ソフトウェアAmiNavi®が,分析準備から定量結果の確認までのすべての操作をサポートします。
 AmiNavi®では,複雑なメソッドファイルやシークエンスファイルの作成は一切必要なく,ウィザードに従って,サンプル数などの必要事項を入力するだけで,瞬時に分析シークエンスが作成されます。 画面の表示に従って試料バイアルと反応試薬をラックにセットし,「分析開始」のボタンを押すだけで,設定した検体の分析が順次行われます。 さらに分析終了後は自動的にシステムをシャットダウンし,移動相や電力の消費を抑えることが可能です。

AmiNavi® シークエンス確認画面

AmiNavi® シークエンス確認画面

 AmiNavi®解析画面で,標準品のピーク同定,検量線の作成,試料溶液の定量をすべて自動で処理するため,面倒な解析操作は一切必要なく,簡単に多検体の定量結果を確認することができます。また,レポートテンプレートを使用することにより,印刷ボタンをクリックするだけで,定量結果レポートを出力することができます。

分析結果の確認

分析結果の確認

 

自動誘導体化による信頼性の向上:試薬添加から加温,注入まで装置におかませ

オンライン加温が可能な画期的な自動誘導体化

 オートサンプラの前処理機能を利用し,反応試薬と試料を採取,混合します。 混合済み試料を加温反応ユニットに導入し,加熱することにより誘導体化反応を行います。 次に,反応済み試料を試料ループに導入し,注入動作を行います。 加温前処理の自動化により,誘導体化の安定性向上と効率化を実現します。

オンライン加温が可能な画期的な自動誘導体化

オーバーラップ前処理による効率化

 自動前処理で誘導体化された試料溶液がカラムに注入され,分析が開始されると,オートサンプラは次の試料溶液の前処理を開始します。 先に注入された試料が分析されている間に,新たな試料溶液と反応液の混合,加温反応ユニットでの誘導体化反応が行われます。 1サイクルの分析時間を次の分析への準備に無駄なく利用できるため,時間のロスなく効率的に分析を進められます。

オーバーラップ前処理による効率化
 

多彩なアプリケーション

 PTC-プレカラム誘導体化-UV検出法を用いた食肉抽出液の分析では,アミノ酸同士や夾雑成分が目的アミノ酸のピークに重なり,しばしば定量精度が損なわれます。 UF-Amino StationはLC/MSの高選択性を活用し,夾雑成分の多い食肉抽出液や培養液中のアミノ酸も,正確に検出,定量することができます。
 また,UF-Amino Stationでは9分間という短時間で38成分の分析が可能であるため,培養液中のアミノ酸組成のリアルタイムモニタなどへの応用にも適しています。もちろん,従来からの飲料や発酵食品中に含まれるアミノ酸の定量分析にも利用できます。

市販無血清培地中のアミノ酸の分析例 (味の素株式会社より提供)

市販無血清培地中のアミノ酸の分析例

市販茶飲料中アミノ酸の分析例

市販茶飲料中アミノ酸の分析例

市販ビール中アミノ酸の分析例

市販ビール中アミノ酸の分析例

ラット血漿中アミノ酸の分析

ラット血漿中アミノ酸の分析

Top of This Page

お問い合わせ