GCMS-TQ8050 NX

トリプル四重極型 ガスクロマトグラフ質量分析計

Enhanced Sensitivity - 従来できなかった極微量濃度の検出を可能に

 

Off-Axisイオン光学系の特長を最大限に引き出すために,3つのノイズ除去技術と増幅性能を高めた検出器を新たに採用しました。これらの最新技術により,フェムトグラムオーダーの極微量のイオンを確実に検出できます。その優れた分析感度と堅牢性がソリューションの価値を高め,新たなアプリケーションへの扉を開きます。

 

高効率検出器

GCMS-TQ8040 NXに比べてイオン数が少なくても,確実にピークとして検出することができます。そのため,フェムトグラムオーダーのようなイオンが少ない微量分析でも安定した分析が可能です。

高効率検出器

Off-Axisイオン光学系

Off-Axisイオン光学系は,感度を低下させることなくHe準安定イオンなどのニュートラルノイズを取り除きます。

シールド付き検出器

二次電子増倍管部にシールドを搭載することによって,外部からの検出器に対するノイズを低減します。

 
 

オーバードライブレンズ

エレクトロンマルチプライヤーの前段に2枚のレンズ(オーバードライブレンズ)を設置することにより,HeやArなどから生じるランダムノイズを低減し,S/Nの向上を実現しました。レンズへの電圧により,レンズ付近のノイズ成分の低減と,マスフィルターを通過したイオンをフォーカスする効果によりS/Nレベルの向上を実現します(特許:US6737644)。

オーバードライブレンズへの電圧印加とS/Nの関係

オーバードライブレンズへの電圧印加とS/Nの関係

オーバードライブレンズによるノイズ低減

オーバードライブレンズによるノイズ低減

新設計の高効率検出器と3つのノイズ低減技術により,微量濃度の試料でも良好な安定性を示し,フェムトグラム以下のIDL※を実現しました。※ IDL:機器検出限界(Instrument Detection Limit)

GCMS-TQ8050 NXの微量分析での優れたデータ安定性は,高分解GC-MSに匹敵する感度をもたらします。従来,四重極型GC-MSでは微量定量が難しいとされてきたダイオキシンなどの分析でも,GCMS-TQ8050 NXは確実にピークをとらえ,パワフルな分析手段を提供します。

2,3,7,8-TeCDDのマスクロマトグラム (濃度50 fg/µL)

2,3,7,8-TeCDDのマスクロマトグラム
(濃度50 fg/µL)

2,3,7,8-TeCDFのマスクロマトグラム (濃度50 fg/µL)

2,3,7,8-TeCDFのマスクロマトグラム
(濃度50 fg/µL)

PFOSやPFOAなどの長鎖パーフルオロ化合物(PFCs)は,難分解性で生体内に残留しやすいことから使用が制限されつつあります。パーフルオロオクタンスルホンアミドやテロマーアルコールは,PFOSやPFOAに分解する可能性が指摘されており,環境中のモニタリング化合物として注目されており,微量濃度のモニタリングが要望されています。

N-Me-FOSEのマスクロマトグラム (濃度 200 fg/µL)

N-Me-FOSEのマスクロマトグラム
(濃度 200 fg/µL)

N-Et-FOSEのマスクロマトグラム (濃度 500 fg/µL)

N-Et-FOSEのマスクロマトグラム
(濃度 500 fg/µL)

ポリエステル製スポーツウェア中のN-EtFOSE  (定量値 2.45 pg/µL)

ポリエステル製スポーツウェア中の
N-EtFOSE 
(定量値 2.45 pg/µL)

Top of This Page