TD-30シリーズ

サーマルデソープションシステム

アプリケーションデータ

有害大気汚染物質

サンプリングに時間がかかる大気測定では,分析に失敗すると再測定には高いコストがかかります。TD-30Rのレストアと内標添加機能を利用して,分析失敗のリスクを低減することができます。

1  1,2-Dichlorotetrafluoroethane 11 Dichloromethane 21 1,2-Dichloropropane 31 o-xylene
2  Chloroethene 12 Acrylonitrile 22 cis-1,3-Dichloropropane 32 Styrene
3  Chloromethane 13 1,1-Dichloroethane 23 Toluene 33 1,1,2,2-Tetrachloroethane
4  1,3-Butadiene 14 cis-1,1-Dichloroethene 24 trans-1,3-Dichloropropane 34 1,3,5-Trimethylbenzene
5  Bromoethane 15 Chloroform 25 1,1,2-Trichloroethane 35 1,2,4-Trimethylbenzene
6  Chloroethane 16 1,1,1-Trichloroethane 26 Tetrachloroethane 36 m-Dichlorobenzene
7  Trichlorofluoromethane 17 CarbonTetrachloride 27 1,2-Dibromoethane 37 p-Dichlorobenzene
8  1,1-Dichloroethene 18 Benzene 28 Chlorobenzene 38 Benzylchloride
9  Trichlorotrifluoroethane 19 1,2-Dichloroethane 29 Ethylbenzene 39 o-Dichlorobenzene
10 3-chloro-1-propene 20 Trichloroethene 30 m+p-xylene 40 1,2,4-Trichlorobenzene
      IS d8-Toluene

作業環境

ダイナミックレンジが広いTD-GC-FIDシステムは,低いランニングコストで多くの成分を同時に測定することができます。


GC-2030AF+TD-30

放散ガス

コールドポイントがなくトランスファーラインが短いTD-30シリーズは,SVOCの測定に最適です。
バックグラウンドが低いため,チャンバーを利用する放散ガス測定やクリーンルーム内雰囲気の測定などの微量分析に対応可能です。

熱抽出

自動車部品の放散ガス測定メソッドのVDA278では,試料片をチューブに充填して60℃に加熱しVOCを測定後,チューブを90℃に加熱して付着したSVOCを測定するメソッドです。
TD-30シリーズのサンプルトレイはチューブにアクセスしやすいため作業が容易です。

ラバーからの発生ガス分析

食品中の香気成分

チューブを横向き配置するTD-30シリーズのサンプルトレイは,固体だけではなく軟らかいもの,粘性があるものもセットできるので,食品の分析にも適しています。

フェンネルシードの香気成分

製品の異臭

アドバンストフローコントローラー(AFC)による再現性の高いキャリアガス制御は,保持指標データベースを併用した未知ピークの定性・半定量を可能にします。


ダンボールの異臭


n-アルカン標準試料

 


GC/MS異臭分析データベース

GCMS-TQ8040 NX + TD-30R
GCMS-TQ8040 NX+TD-30R

Top of This Page