GC/MS定性分析基礎講習会

GCMS講習会日程に戻る

<内容>
GC-MSは質量分析計(MS)を検出器に使った分析装置で,本来は得られたマススペクトルからの定性分析が主な目的でした。しかし,マススペクトルの解析は,とても難しくシミラリティ検索に頼らないといけないのが現状です。
この講習会では,EI法,CI法によるマススペクトルの違いや基本的なマススペクトルの見方を実習していただくことにより定性分析の基礎を習得していただきます。

<対象>
本講習会は,島津製作所製のGCMS(QPシリーズ,TQシリーズ)を所有し,GCMSsolutionの操作が行える方を対象としております。
※基本的なPC操作が行えることを前提としています。

<使用装置>
GCMS-QP2020

※実機1台でEI/CIの測定を行います。また,データ処理の実習は各自にノートPCを準備させていただきます





AM 講義1 GC/MSの基礎
GC/MSの基礎や原理,とEIマススペクトルについて簡単に解説します。

実習1-1 EI法-GCMSの測定
GCMSでEI法による測定を実習します。また定性分析をする場合の操作上の注意点についても解説します。
PM 講義2 EIマススペクトルの見方(基礎)
マススペクトルの基本的な見方や解析方法について解説します。

実習1-2 マススペクトル解析実習
GCMSsolutionを用いて,マススペクトルの定性実習を行います。




AM 講義3 EIマススペクトルの見方(応用)
講習で測定したサンプルを用いて定性結果を解説します。

講義4 CI法について
CI法の基礎やCIマススペクトルについて解説します。
PM 実習2
CI法による測定を実習します。またCI分析をする場合の操作上の注意点についても解説します。

講義5 定性分析の注意点と応用例
EI,CIマススペクトルからの定性分析の注意点と応用例を紹介します。

●[日程一覧]・[開催時間・受講料・定員]・[アクセス・連絡先]については以下をご覧ください。

日程一覧

第1549回受付終了

開催日
2019年10月31日(木)~2019年11月01日(金)
会場
秦野

<開催時間・受講料・定員>

開催時間:9:30~16:30
受講料:80,000円 (消費税込)
定 員:8名様 (最少催行人数 4名様)

<アクセス・連絡先>

秦野会場:
(株)島津製作所 秦野工場内 (神奈川県秦野市堀山下380-1) アクセスマップ
連絡先:グローバルアプリケーション開発センター(秦野) 講習会担当 FAX:0463-88-8670 TEL:0463-88-8660

<お申込み・ご注意点>

下記項目をあらかじめご了承ください。

  • 講習会は機器ユーザーサポート目的で行っていますので,ユーザー様以外または同業者様は参加をご遠慮いただくことがあります。
  • ご登録いただいた内容に不備・間違いがある場合は,ご参加できないことがあります。
  • 申込締切は,原則開催日の10日前とさせていただいています。ただし,定員に達し次第,締め切らせていただいています。また申込み後,やむなく欠席される場合は,必ず開催日の1週間前までにご連絡くださるようお願いいたします。
  • 最少催行人数に達しない場合は,中止させていただくことがあります。 この場合の開催中止のお知らせは開催日の10日前までにご案内致します。
  • なお天災・悪天候(特別警報など)により予告なく中止することもあります。この場合上記連絡先へお手数ですがご確認ください。
  • 講習会中の撮影・録画・録音はご遠慮ください。筆記用具をご持参ください。

<講習会ご参加までの流れ>

講習会ご参加までの流れ

*FAXでのお申込の場合は,東日本開催(連絡先:グローバルアプリケーション開発センター(秦野) )用 申込書(pdf 18KB);をご利用ください。

各種講習会のご案内

カテゴリ 日程表
Top of This Page