GCMS-QP2020 NX

ガスクロマトグラフ質量分析計

Smart Performance - 高感度化とオペレーションコスト低減を両立 -

新しい差動排気型ターボ分子ポンプと高性能フローコントローラにより,GCで利用されるあらゆる条件で最高の感度を実現します。ヘリウム以外の水素や窒素キャリアガスも安心して運用でき,オペレーションコストを低減することが可能です。また,高感度高速分析による分析時間の短縮など,ラボの生産性の最大化に貢献します。

高感度化を実現するテクノロジー

高感度・高安定イオン源

フィラメントとイオン源ボックスの間に距離を取り,フィラメント電位のイオン源内部への影響を低減しました。また,フィラメントから生じる輻射熱をシールドで遮り,イオン源ボックスの温度均一化を実現しました。イオン源内部に活性点が生じにくいため,高感度かつ長期にわたり安定した分析が可能になりました。(特許:US7939810)

卓越した再現性を実現する流量制御

CPUを搭載した新しいフローコントローラ(AFC)を開発しました。キャリアガス制御は、従来の定線速度、定圧力に加え、定流量での制御に対応しました。
スプリットラインのフィルターは工具レスで交換可能。内部の汚れは目視で確認でき、交換のタイミングを逃しません。

大容量差動排気システム

排気効率を高めた新型ターボ分子ポンプの採用により,ヘリウムを含め,水素や窒素をキャリアガスとして利用した場合の性能を高めました。また,イオン源部と四重極部を別々に真空に引く差動排気方式により,あらゆるキャリアガスの条件下で最適なMS状態を実現します。

ClickTekナット

ワンタッチで試料注入口を開閉

工具を使わず、指でレバーをひねるだけで試料注入口を開閉できる「ClickTek™ ナット」を標準装備しています。
インサート交換作業の手間を軽減します。

高速スキャン制御技術(Advanced Scanning Speed Protocol:ASSP™)

高速データ採取時のロッドバイアス電圧を自動的に最適化し,10,000 u/sec以上の高速スキャンでの感度低下を最小限にしました。従来装置と比べて5倍以上の感度が得られ,特にFast-GC/MSでの高速分析,スキャンとSIMを同時に測定するFASST分析において,スキャンデータでの感度向上,良好なマススペクトルの取得に有効です。
(特許:US6610979)

進化したGCオーブン

温調制御の向上により、さらなる精密なGCオーブンの温度制御が可能になりました。また、オーブンの降温速度を3段階で設定できるようになり、カラム液相へのダメージを抑え、ライフタイムを最大化します。

Benzo[a]pyreneのマスクロマトグラム (8回繰り返し測定の重ね描き)

Benzo[a]pyreneのマスクロマトグラム
(8回繰り返し測定の重ね描き)

多環芳香族炭化水素(PAHs)の繰り返し再現性

多環芳香族炭化水素(PAHs)の繰り返し再現性

代替キャリアガスによるオペレーションコスト低減

水素や窒素はヘリウムと比較して安価であり,入手がしやすいことから代替キャリアガスとして注目されています。高性能の新型アドバンストフローコントローラ(AFC)は,水素や窒素においても正確に制御します。また,新型大容量差動排気システムは,水素や窒素をキャリアガスとして利用した場合の排気性能を高めており,あらゆるキャリアガスの条件下で最適なMS状態を実現します。

水素キャリアガスの適用例

水素や窒素は感度的にはヘリウムに劣りますが,内径の細い,長さの短いカラムを使用することで,ヘリウムを利用した場合とほぼ同等のクロマトグラムパターンが得られます。Restek社から提供されているメソッド変換プログラム「EZGC® Method Translator*」は,使用されているヘリウムでの分析条件を,最適な代替キャリアガスへの分析条件に変換することができます。

農薬のマスクロマトグラム(5 ng/mL,SIMモード)

従来利用されていた分析条件を水素キャリアガスに変換しても,保持指標はほとんど変わりません。当社が提供しているデータベースや保持指標が登録されたマススペクトルライブラリもご利用いただけます。

EZGC Method Translator

* 詳細はRestek Corporationの
Webサイト
を参照ください。

水素センサがGCオーブン内を
モニタリング

水素利用の安全性を確保する水素センサ​

GCに内蔵できる水素センサ(オプション)を準備しています。潜在的なリークを早期に発見し,事故を未然に防ぎます。また,本体に自動のキャリアガス漏れチェック機能を持ち,水素キャリアガスの使用を強力にサポートします。

窒素キャリアガスの適用例​

キャリアガスとして利用するヘリウムは,装置のオペレーションコストで大きなウエイトを占めます。
窒素はヘリウムと比較して約10倍安価なガスであることから,窒素をキャリアガスとして利用することでオペレーションコストの大幅な削減を見込めます。

DINPのSIMマスクロマトグラム
(0.5 µg/mL,7回繰り返し分析の重ね描き)
上段:ヘリウムキャリアガス(99.99%,ガス精製フィルタつき)
下段:窒素キャリアガス(99.99%,ガス精製フィルタつき)

各種キャリアガスの測定範囲目安(オンカラム量)
測定範囲はあくまでも目安となり,対象化合物の感度や化合物特性によって不向きな場合もあります。

ヘリウムをキャリアガスとして利用されていた分析条件を窒素キャリアガスに変換しても,同様のクロマトグラムパターンとマススペクトルが得られます。高分子材料の発生ガス分析などの定性分析目的に応用できます。

Py-GC/MSを用いた電子基板の瞬間熱分解分析例(マススペクトルはビスフェノールAを示す)
上段:ヘリウムキャリアガス(99.99%,ガス精製フィルタつき)
下段:窒素キャリアガス(99.99%,ガス精製フィルタつき)

Top of This Page