残留農薬分析システム

GC/MSによる残留農薬分析をトータルサポート

GC/MSによる残留農薬分析をトータルサポート

残留農薬分析において高い評価を得ている(株)アイスティサイエンスの前処理技術とGC大量注入口装置,島津製作所の高性能GC/MSと残留農薬分析用データベースの組み合わせにより,残留農薬分析の効率の向上,時間の短縮,精度の向上を実現します。

特長

前処理の効率化と時間短縮

凍結粉砕により試料準備を簡便化し,自動前処理装置と大量口注入装置により精製と濃縮操作を自動化することで,前処理の省力化と時間短縮を実現します。また,使用溶媒量も従来の1/10程度に抑えます。

最適化されたメソッドによる省力化

最適化された前処理法,予め分析条件が登録された残留農薬分析用データベース,多成分一斉分析用メソッド作成支援ツールを備えた装置を用いることにより,煩雑な条件検討の作業なしに分析が可能です。

分析精度の向上

試料のドライアイス凍結粉砕処理,固相ミニカートリッジによる精製,GC/MS/MSの組み合わせにより,加工食品のような夾雑成分を多く含む不均一な試料の分析においても良好な定量結果が得られます。

分析の流れ

前処理 予冷方式ドライアイス凍結粉砕セット
予冷方式ドライアイス凍結粉砕セット
凍結粉砕で均一にサンプリング
自動前処理装置 ST-L400
自動前処理装置 ST-L400
固相カートリッジを用いた各種試験法の自動処理が可能
下へ
分 析 GC大量注入口装置 LVI-S250 / トリプル四重極型GC/MS/MS GCMS-TQ8040 GC大量注入口装置 LVI-S250
最大200µLまでの注入が可能。





トリプル四重極型GC/MS/MS GCMS-TQ8040
残留農薬400成分の一斉分析が可能
GC/MS残留農薬分析用データベース

GC/MS残留農薬分析用データベース  農薬成分を登録したデータベースの利用で標準試料が不要に
Smart Pesticides DataBase  定量用データベース
Quick-DB  スクリーニング用データベース

Top of This Page

お問い合わせ