GC/MS異臭分析システム

GC/MS Off-flavor Analyzer

異臭の原因物質を確実に特定できる分析システム

異臭の問題を解決するためには原因物質の特定が必要です。しかし,正確な特定のためには,どのような成分が異臭の原因になるか,また,それらのにおいの質や臭気閾値判断などの知識や経験を必要とします。本システムは,主要な異臭原因物質と官能情報(においの質や臭気閾値)をデータベース化し,GC-MSと組み合わせたシステムです。異臭分析に必要なトータルソリューションをご提供します

異臭の原因物質を確実に特定する分析システム

GC/MS異臭分析システムの特長

※本製品は,大和製罐株式会社と共同で開発された製品です。

特長

異臭分析から原因解決に至るまでの総合的なサポートを大和サービス様と協力して取り組んでいます


においテクニカル
センター長
加藤寛之 理学博士

大和サービス株式会社 においテクニカルセンターの加藤寛之センター長は,GC/MS異臭分析
システムの共同開発者で,大和製罐グループにおいて異臭分析を30年以上行っておられる
スペシャリストです。

大和サービス様は,弊社GC-MSシステムを用いた異臭分析に加え,官能検査パネリストの育成
支援や異臭に関するコンサルティングなど,においに関する業務を長年行われています。


弊社は,大和サービス様と協力して異臭に関するトータルソリューションをご提供します。
→ 大和サービス様のコンサルティングの詳細についてはこちら

 
異臭分析は前処理や官能評価などノウハウを必要とする操作が多くあります。本トレーニングでは異臭サンプルの分析を体験していただくことにより,前処理や官能評価方法を含む異臭分析に必要なノウハウを習得していただきます。

Top of This Page

お問い合わせ