GC×GCシステム

GCMS-QP2020/QP2010 Ultra,GC-2010 Plus用

GC×GCとは・・・

GC×GC分析では2本の異なったタイプのカラム(一般には無極性カラムと極性カラム)を,GC×GCモジュレータ*1を介して直列に接続し試料を分析します。第一のカラムから溶出してきた試料はモジュレータで一定時間(モジュレーションタイム)集積されたあと,フォーカスされて第二のカラムに注入され高速分析されます。この集積・注入を繰り返し行い得られるクロマトグラムを専用のソフトウェア*2で2次元に展開することで,沸点と極性をそれぞれの軸にとるような2次元クロマトグラムが得られます。

GC×GCのシステム概略図

*1 GC×GCモジュレータは,米国Zoex社の製品です。
*2 GCxGC専用ソフトウエア ChromSquareは,イタリア Chromaleont S.r.l. の製品です。

関連製品


マルチディメンジョナルGC/GCMSシステム

MDGCは,分離特性の異なるカラムを用いることにより,複雑なマトリックスから目的の成分を高精度に分離できます。

Top of This Page