SHIMADZU Excellence in science

最新機種でランニングコストとCO2排出の削減量を比較 ecoシミュレーション

エコシミュレーション 最新機種でランニングコストとCO2排出の削減量を比較

<比較結果> ※シミュレーション結果はあくまで目安です

現在ご使用の装置
(エコモード非対応)
CO2排出量 kg/年
電力消費量 kWh/年
※ PCも含みます。 円/年
ガス消費量 本/年
円/年
新モデル装置
(エコモード対応)
CO2排出量 kg/年
電力消費量 kWh/年
※ PCも含みます。 円/年
ガス消費量 本/年
円/年

現在ご使用の装置に比べて、年間

kg のCO2を削減
円 のランニングコストを削減

比較条件の説明

シミュレーション比較にあたっては、下記の条件を想定しています。

想定条件

  • ・休日はエコモードを使用
    エコモード機能の条件は以下
    エコモード時の流量:20ml/min
    GCMS、PC消費電力:約26%削減
  • ・分析時間は1分析当たり30分
    例:「1日の分析時間」に「8時間」を入力した場合、1日16回分析を実施
  • ・すべての装置でキャリアガスセーブ機能を使用
    キャリアガスセーブ機能の条件は以下
    キャリアガスセーブ時の流量:20ml/min
    キャリアガスセーブ実施時間:分析スタート後2min経過後〜分析終了まで