節電に対する取り組みとご提案

GCMS-TQシリーズ,GCMS-QP2020シリーズ,GCMS-QP2010 Ultra/SE では,分析待機時の不要なガスと電力を節減する エコロジーモード を標準で搭載しました。装置のランニングコストと環境に対する負荷を低減します。 エコロジーモード により,装置からの発熱を抑えるので,空調にかかる消費電力も削減できます。

エコロジーモードの搭載で,待機電力を低減

エコロジーモード の搭載で,分析待機時の消費電力を従来機比で36% 削減(TQシリーズ,2020シリーズ,2010 Ultra)しました。
連続分析の後でも自動的に エコロジーモード に設定できますので,夜間分析の後においても自動的に電力を節約することができます。

室内空調への負荷も低減

エコロジーモード を起動することにより,分析待機時の消費電力を277 W 下げることができます。これにより,装置の廃熱も277 W 削減。通常,室内空調で277 W を冷却するためには約55 W*1の電力が必要ですが,この空調の電力も減らすことができます。
つまり, エコロジーモード を起動することにより,1 台当たり332 W の電力を低減することができます。
*1 空調のCOP値を5とした場合。

電力ピークを避けて夜間に分析を行うと・・・

電力負荷の平準化に貢献できます

使用電力がピークになる時間帯は エコロジーモード で対応し,使用量が下がる夜間に分析を行うと,電力負荷の平準化に貢献できます。

GC-MS分析時は,約1500 W*2の消費電力が必要ですが, エコロジーモード を用いた待機状態になると483 Wとなり,約1000 W削減できます。また,装置の消費電力が下がることにより,装置からの排熱量も減り,空調にかかる負荷も低減されます。
装置と空調を合わせると,1200 W*3もの電力を節約でき,大きな節電効果が得られます。
*2 消費電力は目安値です。分析条件により消費電力は異なります。
*3 空調のCOP値を5とした場合。

ECOシミュレーションで低減量を試算

ECOシミュレーションでは,お客様のラボ稼動状況に応じた エコロジーモード の効果を具体的に確認していただけます。

Top of This Page