GC/MS一斉分析用データベースソフトウェア 環境分析向け

一斉分析用データベースソフトウェア を用いた測定フロー図

測定フローは「装置の調整・性能確認」と「未知試料の一斉分析・解析」の工程に分かれます。 「装置の調整・性能確認」では,標準物質を用いて採取したデータと,データベース中の装置評価用物質の情報を用いて,性能評価用のメソッドを作成して,装置が一定以上の性能で稼働していることを評価確認します。 このとき,GCMSsolutionのQA/QC機能も用います。 「未知試料の一斉分析・解析」では,標準物質を用いて採取したデータと,データベース中の目的成分の質量やマススペクトル,検量線など,定量分析に必要な情報を抽出し,GCMSsolution用の一斉分析用メソッドを作成します。 (データベース中のn-アルカンの保持時間情報と,使用する装置環境でのn-アルカン測定データを用いて,目的成分の保持時間を予測します) 未知試料の測定データを一斉分析用メソッドで解析処理を行います。

一斉分析用データベースソフトウェア

Top of This Page