AOC-6000

多機能オートサンプラシステム





GC/MS分析の生産性を飛躍させる
多機能オートサンプラシステム

GC/MSへの3つの試料導入法に対応
AOC-6000は,液体試料注入法,ヘッドスペース(HS)注入法と固相マイクロ抽出(SPME)注入法の3種類の試料導入法に対応しており,様々な形状の試料を分析できます。
また,試料導入法の自動切換ができ,異なる試料導入法を組み合わせた連続運転も可能です。


前処理の自動化によりデータの信頼性が向上
シリンジ自動交換(10~1000µL)と撹拌機能によって,標準試料を様々な希釈倍率に自動調整できます。未知試料と共に分析することで,検量線の作成から未知試料の定量まで全自動で行えます※1


最新の濃縮テクノロジーによる高感度分析
従来のSPMEに比べ感度と耐久性を向上した SPME Arrow,従来のHSに比べ高感度に分析可能な ITEX DHS による最新の濃縮テクノロジーを用いた分析が可能です。


幅広いサンプル形態に対応
多機能注入口OPTIC-4の多彩な注入モードと組み合わせることで,固体サンプルの熱分解分析やガス成分の加熱脱着分析など,多様なサンプル形態の分析に対応します。
アプリケーション例


GCMSsolutionからのシンプルな操作
AOC-6000は,GC/MS用ソフトウェアGCMSsolutionから制御できます。
AOC-6000とGC/MSの分析条件は測定されたデータに記憶されるため,分析の精度管理が容易に行えます。
また,連続分析の効率を高めるオーバラップ機能も利用できます。


※1 内部標準法にも対応しています。

Top of This Page