AOC-6000

多機能オートサンプラ

最新の濃縮テクノロジーによる高感度分析

SPME Arrow

SPME Arrowは,従来のSPMEに比べ,高感度・高耐久性・高速抽出が可能な次世代のSPMEです。
※SPME Arrowは外径が太く,通常のGC注入口では使用できません。穴径の広いSPME Arrow用のGC注入口で使用してください。

 

●SPME Arrowは,従来のSPMEに比べ,大容量の吸着剤が保持されており,高感度分析が可能です。また,太く頑丈な構造のため,高い耐久性を誇ります。

 

●SPME Arrowは,抽出時に攪拌効率の高い専用の攪拌機(ヒーテックス・スターラ)を用いることで,前処理の高速化が可能です。

 

水中のカビ臭気物質の分析において,SPME Arrowは従来のSPMEに比べて約5倍高感度に分析できました。また,平衡に達するまでの抽出時間は5分であり,従来のSPMEの15分から1/3に短縮できます。

 

ITEX DHS

ITEX DHS(In-tube Extraction Dynamic Headspace)は,シリンジ内の吸着材にバイアルのヘッドスペース成分を濃縮することが可能です。揮発成分を濃縮するため,通常のHS法と比べて,高感度に分析することが可能です。

 

●ITEX DHSは,加温したバイアルのヘッドスペース部をシリンジで複数回ポンピングすることで,揮発成分を吸着剤に濃縮させます。その後,GC注入口での加熱脱着により,揮発成分を分析します。

●シリンジを用いた濃縮法であるため,汚染の心配もなく,メンテナンスも容易です。

 

ワイン中の揮発性有機化合物の分析において,オクタン酸エチルを通常のHSと比べて,10倍以上高感度に検出できました。
さらにポンピングの回数を増やすことで,感度を上げることができます。

Top of This Page