5D Ultra-e

自動LC分取包括的ガスクロマトグラフ質量分析システム

5つの次元がさらなる高分離分析・高選択分析を実現 5D Ultra-e

5D Ultra-e(LC-GCxGC-MS/MSシステム)は,包括的2次元ガスクロマトグラフ-トリプル四重極型質量分析計とHPLCをオンラインで接続した世界でひとつだけの“ONLY-ONEシステム”です。 オンラインHPLCにより,GCxGCの網羅的分析はさらに強化され,同時に自動化による生産性向上をもたらします。 また,UFMS(Ultra Fast Mass Spectrometer)が実現したトリプル四重極によるGCxGC-MS/MSシステムは,ノンターゲット分析のみならず複雑な試料中のターゲット分析をも可能にします。
LC+GCxGC+MS/MSの5つの次元が,さらなる高分離分析・高選択分析への道を拓きます。

※ LC-GCxGC-MS/MSシステムは,Mondello先生(Messina大学,Chromareleont S.r.l.)のグループにより開発され,島津製作所により製品化したシステムです。

特長

HPLCにより,GCxGCの網羅的分析をさらに強化

HPLCによる分離で簡素化された2Dマップから,より詳細な網羅的解析が可能になりました。

夾雑の除去,分取,濃縮,GCxGCへの導入を全てオンラインで自動化

自動化により,分析時間を短縮。コストを低減させます。また,前処理などに起因する分析結果の属人性を排除できますので,分析精度が向上します。

システム全体を制御できる統合ソフトウェア 5D Solution

5D Solutionは,各装置の制御ソフトウェアを一括管理。ボタンひとつでシステム全体の分析を開始できます。バッチ分析にも対応していますので,多検体を終夜運転で分析できます。

システムの概要

システムは,HPLC(Prominence),LC-GCトランスファー部(AOC-5000 Plus,OPTIC-4PTV),GCxGC部(GC-2010 Plus,ZX-2),MS/MS部(GCMS-TQ8040)から構成されます。
試料をProminenceから注入し,順相クロマトグラフィーにより分離後,AOC-5000 Plusが測定対象画分のみをOPTIC-4PTV注入口に導入します。ダブルオーブンとZX-2サーマルモジュレータによるGCxGCシステムで分離したのち,GCMS-TQ8040で検出します。
一連の分析は,統合ソフトウェア5D Solutionから一括で実行可能であり,得られたデータは2次元クロマトグラフィー用解析ソフトウェアChromSquareで解析を行うことができます。

※1 OPTIC-4PTVは,GL Sciences B.V. の製品です。
※2 ZX-2は,米国Zoex社の製品です。

ソフトウェア

統合ソフトウェア 5D Solution

LC-GCxGC-MS/MSシステムでは,各ユニットはそれぞれ専用のソフトウェアで制御されます。5D Solutionは,これらの制御ソフトウェアを一括管理し,ボタンひとつで分析を開始することができます。さらに多試料を連続して分析できるバッチ分析も可能です。
付属の線速度計算ソフトウェアでは,1stカラムと2ndカラムの線速度計算値を見ながら,最適なカラム入口圧を探索することができ,Comprehensive 2D-GC分析の条件検討を力強くアシストします。


包括的ガスクロマトグラフィ解析ソフトウェアChromSquare

包括的ガスクロマトグラフィ解析ソフトウェア ChromSquare

本システムで得られたデータは,2D-GC解析ソフトウェアChromsquareで等高線データ(2Dマップ)に変換されます。クロマトグラム上のピークは等高線上ではスポットで認識され,このスポットを用いて定性・定量解析を行います。ChromSquareでは,2Dマップとそれに対応する2nd側クロマトグラム,マススペクトル,スポットの解析データを一覧で表示することができ,解析操作を容易に行うことができます。

* ChromSquareは,イタリア Chromaleont S.r.l. の製品です。

Top of This Page