Nexis SCD-2030

化学発光硫黄検出ガスクロマトグラフシステム

業界水準を超える高い信頼性

優れた長期安定性,高い等モルレスポンス性により,信頼性の高い分析を実現します。

安定的な反応を実現する高効率レドックスセル

業界初の横置き方式を採用したレドックスセルは,セル内の反応領域と反応時間を十分に確保することでサンプルの酸化還元反応を促進します。これにより,高カラム流量でサンプルが導入されても安定性の高い分析を実現します。

優れた長期安定性

新設計の高効率レドックスセルにより,長期的に安定した分析が実現できます。
ガソリン中の硫黄成分として測定される4つの硫黄化合物について,内部標準物質Diphenyl sulfideとの面積比の変動を16日間モニタリングしました。この分析はASTM D5623で行われるものです。16日間における面積比相対標準偏差は1.2~1.9 %となり,優れた安定性を示しました。

ASTM D5623記載の分析条件で,硫黄濃度各10 ppm(w/w)の硫黄化合物を測定し,Diphenyl Sulfideの面積値に対する各成分の相対面積比を算出しました。良好な等モルレスポンス性が得られました。

高い等モルレスポンス性

ガソリン中の硫黄成分分析(ASTM D5623)の分析条件により測定された硫黄化合物の相対面積比を求めました。Diphenyl sulfideに対する面積比を求めたところ,構造の異なる化合物でありながら近い感度を示すことが分かります。これを等モルレスポンス性といい,標準試料が入手できない化合物でも,他の化合物の検量線を用いて,おおよその濃度を知ることができます。Nexis SCD-2030 が高い等モルレスポンス性を有していることが分かります。

Top of This Page