MDGC/GCMS-2010シリーズ

マルチディメンジョナルGC/GCMSシステム

高い再現性

カラムへの試料の導入には,ディーンズ・スイッチという切替方式が用いられてきましたが,回収率が低下する,保持時間が変動する,という問題がありました。 MDGC/GCMS-2010シリーズでは,新開発のマルチ・ディーンズ・スイッチが保持時間の変動をおさえ,複数回のスイッチングを行っても高い再現性を実現します。

スタンバイモード

スタンバイモード

カットモード

カットモード
ディーンズスイッチング
マルチディーンズスイッチング

アルコール類やエーテル類などの混合標準試料の分析例

6回のカットを行っても,保持時間の変動は0.01分以下です。

マルチディーンズスイッチング方式での測定データ例

アミルアルコール(AmOH)

カット回数 保持時間
No Cut 12.714
1 Cut 12.711
2 Cut 12.711
3 Cut 12.709
4 Cut 12.709
5 Cut 12.710
6 Cut 12.705

条件設定が楽に行えるMDGC専用ソフトMDGCsolution

MDGC分析では,通常の分析条件に加えて,目的成分を分離するための条件,スイッチングのタイミングを設定することが必要になります。 これらの作業を正確かつ簡単に行えるのが,MDGC専用ソフトMDGCsolutionです。 GCsolution,GCMSsolutionと連動して動作しますので,複数のソフトウェア間を行き来する必要がなく,GC/GCMS設定も効率的に行えます。

スイッチング区間の設定が簡単に行えます

クロマトグラム上でダブルクリックするだけで,とスイッチング区間を0.01分単位で設定できます。

スイッチング区間の設定

MDGC設定画面

MDGC設定(分析条件と流路)

分析条件と流路が表示されます。

フレキシブルなシステム構成

MDGC-2010シリーズでは,測定対象に合わせて最適なシステムを構築していただけます。

システム構成

*1 特注での対応となります。
*2 その他の検出器は,特注での対応となります。

GC,GCMS単独の装置としての使用も可能

MDGCとして使用しない場合は,カラムや検出器の接続を変更することでGC,GCMSをそれぞれ単独の装置として使用することができます。

優れたメンテナンス性

スイッチング素子

スイッチング素子はGCオーブンの手前側上部に配置しました。 カラムの交換や検出器,前処理装置への接続が簡単に行えます。 また,カラムの接続部には耐熱性が高いステンレス製フェルールを採用しているため,従来のベスペルフェルールのような増し締めが不要で,焼き付きも起こりません。
接続しやすく,メンテナンス性も向上しています。

Top of This Page

お問い合わせ